広島教員採用試験対策レジュメ 

第1回 2003年夏実施・過去問の検討
問4

W 学習指導要領の総則には、「学校図書館を計画的に利用しその機能の活用を図り、児童生徒の主体的、意欲的な学習活動や読書活動を充実すること」とあります。学校図書館の3つの機能について、それぞれの名称をあげ、簡潔に説明しなさい。

∇学校図書館とは、小中高において図書・視聴覚教育の資料、その他必要な資料を収集・整理・保存し、児童生徒および教員の利用に供することによって教育課程の展開に寄与する設備であり、児童生徒の健全な教養を育成することを目的にしている。学校図書館法第3条にその設置義務規定がある。平成15年度からは、12学級規模以上の学校に設置された図書館の場合、司書教諭は、必置教諭の扱いを受ける。

∇学校図書館の機能については、『小学校学習指導要領解説総則編』に記述されているので掲げてみよう。「学校図書館については、教育課程の展開を支える資料センターの機能を発揮しつつ、@児童が自ら学ぶ学習・情報センターとしての機能とA豊かな感性や情操をはぐくむ読書センターとしての機能を発揮することが求められる。したがって、学校図書館は、学校の教育活動全般を情報面から支えるものとして図書、その他学校教育に必要な資料やソフトウェア、コンピュータ等情報手段の導入に配慮するとともに、ゆとりのある快適なスペースの確保、校内での協力体制、運営などについての工夫に努めなければならない。これらを司書教諭が中心となって、児童や教師の利用に供することによって、学校の教育課程の展開に寄与することができるようにするとともに児童の自主的、主体的な学習や読書活動を推進することが要請される。読書は、児童の知的活動を増進し、人間形成や情操を養う上で重要であり、児童の望ましい読書習慣の形成を図るため、ティ―ム・ティーチングの活用などの指導方法の多様化等の工夫をすることが大切である。このような観点に立って、各教科等において学校図書館を計画的に活用した教育活動の展開に一層努めることが大切である。各教科等においても、国語科及び社会科で学校図書館の利用を指導事項として示している。また、コンピューターや情報通信ネットワークの活用により、学校図書館と公立図書館等との連携も可能であり、より活発な調べる学習活動を推進することができる。そのための学校図書館のあり様として、児童の生活空間に身近で魅力的な場所であることが重要である。また、生涯学習社会に対応するとともに、完全学校週5日制のもとで保護者や地域社会の人々との連携協力を進め、学校図書館が地域に開かれたものになるよう配慮することも必要である」。

∇このほか、古い資料であるが、情報化の進展に対応した初等中等教育における情報教育の推進等に関する調査研究協力者会議最終報告「情報化の進展に対応した教育環境の実現に向けて」(平成10年8月)において、「学校図書館が学校の情報化の中枢的機能を担っていく必要があることから、今後、司書教諭には、読書指導の充実とあわせ学校における情報教育推進の一翼を担うメディア専門職としての役割を果たしていくことが求められる。司書教諭は、情報化推進のための校内組織と連携をとりながら、その役割を担っていくことが必要である。具体的な役割としては、子供たちの主体的な学習を支援するとともに、ティーム・ティーチングを行うこと、教育用ソフトウェアやそれを活用した指導事例等に関する情報収集や各教員への情報提供、校内研修の運営援助などが考えられる。国や教育委員会においては、司書教諭の職務や役割の重要性等に関する周知や資質の向上に一層努めていく必要がある」と示されている。

∇問いは、学校図書館の3つの機能の「名称」となっているけども、はっきり確定した名称などないのではないか。上の『解説編』にしたがって解答すれば、「(模範解答省略)」とでもなろうか。

トップページへ

 コラムとしての過去問研究・表紙へ 浩の教室・トップページへ