聾 浩の教室 聾
−掠-mode版−

第19条

都道府県に置かれる教育委員会の事務局に、指導主事、事務職員、技術職員その他の所要の職員を置く。

A市町村に置かれる教育委員会の事務局に、前項の規定に準じて所要の職員を置く。

B指導主事は、上司の命を受け、学校における教育課程、学習指導その他学校教育に関する専門的事項の指導に関する事務に従事する。

C指導主事は、教育に関し識見を有し、かつ、学校における教育課程、学習指導その他学校教育に関する専門的事項について教養と経験がある者でなければならない。指導主事は、大学以外の公立学校の教員(教育公務員特例法第2条第2項 に規定する教員をいう。以下同じ。)をもつて充てることができる。

D事務職員は、上司の命を受け、事務に従事する。

E技術職員は、上司の命を受け、技術に従事する。

F第1項及び第2項の職員は、教育長の推薦により、教育委員会が任命する。

G教育委員会は、事務局の職員のうち所掌事務に係る教育行政に関する相談に関する事務を行う職員を指定し、これを公表するものとする。

H前各項に定めるもののほか、教育委員会の事務局に置かれる職員に関し必要な事項は、政令で定める。


TOP もくじ pc