聾 浩の教室 聾
−掠-mode版−

第47条の4

市(指定都市を除く。)町村の教育委員会は、都道府県委員会が教育公務員特例法第20条の2第1項 の初任者研修を実施する場合において、市町村の設置する小学校、中学校、高等学校、中等教育学校(後期課程に定時制の課程のみを置くものに限る。)、盲学校、聾学校又は養護学校に非常勤の講師(高等学校にあつては、定時制の課程の授業を担任する非常勤の講師に限る。)を勤務させる必要があると認めるときは、都道府県委員会に対し、当該都道府県委員会の事務局の非常勤の職員の派遣を求めることができる。

A前項の規定による求めに応じて派遣される職員は、派遣を受けた市町村の職員の身分を併せ有することとなるものとし、その報酬及び職務を行うために要する費用の弁償は、当該職員の派遣をした都道府県の負担とする。

B市町村の教育委員会は、第1項の規定に基づき派遣された非常勤の講師の服務を監督する。

C前項に規定するもののほか、派遣職員の身分取扱いに関しては、当該職員の派遣をした都道府県の非常勤の講師に関する定めの適用があるものとする。


TOP もくじ pc