聾 浩の教室 聾
−掠-mode版−

第8条

地方公共団体の長の選挙権を有する者は、政令で定めるところにより、その総数の3分の1(その総数が40万を超える場合にあつては、その超える数に6分の1を乗じて得た数と40万に3分の1を乗じて得た数とを合算して得た数)以上の者の連署をもつて、その代表者から、当該地方公共団体の長に対し、委員の解職を請求することができる。

A地方自治法第86条第2項から第4項まで、第87条及び第88条第2項の規定は、前項の規定による委員の解職の請求について準用する。この場合において、同法第87条第1項中「前条第1項に掲げる職に在る者」とあるのは「教育委員会の委員」と、同法第88条第2項中「第86条第1項 の規定による選挙管理委員若しくは監査委員又は公安委員会の委員の解職の請求」とあるのは「地方教育行政の組織及び運営に関する法律第8条第1項の規定による教育委員会の委員の解職の請求」と読み替えるものとする。


TOP もくじ pc