聾 浩の教室 聾
−掠-mode版−

学校教育法

第28条

小学校には、校長、教頭、教諭、養護教諭及び事務職員を置かなければならない。ただし、特別の事情のあるときは、教頭又は事務職員を置かないことができる。

A小学校には、前項のほか、必要な職員を置くことができる。

B校長は、校務をつかさどり、所属職員を監督する。

C教頭は、校長を助け、校務を整理し、及び必要に応じ児童の教育をつかさどる。

D教頭は、校長に事故があるときはその職務を代理し、校長が欠けたときはその職務を行なう。この場合において教頭が2人以上あるときは、あらかじめ校長が定めた順序で、その職務を代理し、又は行なう。

E教諭は、児童の教育をつかさどる。

F養護教諭は、児童の養護をつかさどる。

G事務職員は、事務に従事する。

H助教諭は、教諭の職務を助ける。

I講師は、教諭又は助教諭に準ずる職務に従事する。

J養護助教諭は、養護教諭の職務を助ける。

K特別の事情のあるときは、第1項の規定にかかわらず、教諭に代えて助教諭又は講師を、養護教諭に代えて養護助教諭を置くことができる。


TOP もくじ pc