聾 浩の教室 聾
−掠-mode版−

社会教育法

第5条

市町村の教育委員会は、社会教育に関し、当該地方の必要に応じ、予算の範囲内において、次の事務を行う。

一 社会教育に必要な援助を行うこと。

二 社会教育委員の委嘱に関すること。

三 公民館の設置及び管理に関すること。

四 所管に属する図書館、博物館、青年の家その他社会教育に関する施設の設置及び管理に関すること。

五 所管に属する学校の行う社会教育のための講座の開設及びその奨励に関すること。

六 講座の開設及び討論会、講習会、講演会、展示会その他の集会の開催並びにこれらの奨励に関すること。

七 家庭教育に関する学習の機会を提供するための講座の開設及び集会の開催並びにこれらの奨励に関すること。

八 職業教育及び産業に関する科学技術指導のための集会の開催及びその奨励に関すること。

九 生活の科学化の指導のための集会の開催及びその奨励に関すること。

十 運動会、競技会その他体育指導のための集会の開催及びその奨励に関すること。

十一 音楽、演劇、美術その他芸術の発表会等の開催及びその奨励に関すること。

十二 青少年に対しボランティア活動など社会奉仕体験活動、自然体験活動その他の体験活動の機会を提供する事業の実施及びその奨励に関すること。

十三 一般公衆に対する社会教育資料の刊行配布に関すること。

十四 視聴覚教育、体育及びレクリエーションに必要な設備、器材及び資料の提供に関すること。

十五 情報の交換及び調査研究に関すること。

十六 その他第3条第1項の任務を達成するために必要な事務


TOP もくじ pc