聾 浩の教室 聾
−掠-mode版−

障害者基本法

第3条

すべて障害者は、個人の尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい生活を保障される権利を有する。

Aすべて障害者は、社会を構成する一員として社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会が与えられる。

B何人も、障害者に対して、障害を理由として、差別することその他の権利利益を侵害する行為をしてはならない。


TOP もくじ