学校週5日制と学力低下について

のぐぴょんさんの投稿へのコメント

 学校週五日制の実施にともない、授業時数は減少し、
学習内容厳選された。そのため、主に保護者から、学力の低下を懸念する
声が多くきかれるようになったこの意見こうした批判は学力を単なる知識の量の
みで捉えているのだと考えるから出てくるのであろう。これから求められる学力
は、知への興味・関心を高めながら、各教科における基
礎的・基本的な内容の確実な定着を図り、知識や技能を
身に付け活用する力等により形成される「確かな学力」
である。学校週五日制により生まれたゆとりを生かし確
⇒ちょっと文章が長く、2回読まないとはっきり意味が捉えられません。だから、「これから求められる学力は、『確かな学力』である。それは、知への興味・関心を高めながら、各教科における基礎的・基本的な内容を確実に定着し、ものの見方や考え方を身に付け活用することにより形成されよう」としましょうか。
かな学力を身に付けさせるために、私は以下の事を実践
していく。
@ 基礎的・基本的な内容の確実な定着
⇒こうした数字を使って書くのはやめたほうが無難です。次のAもそうです。このように書くほうが簡単ですが、できるかぎり文章で表現すべきです。
 漢字や計算等の定着のために、「漢字をすらすら書こ
う」「計算がすらすらできるようになろう」などの進級
テストを行い、目標を達成できてない子どもには繰り返
し指導する。学習内容の習熟が未熟な子どもにはTTや
個別指導を、十分な子どもには発展的な内容の学習をさ
せるなど、個に応じた指導を行えるよう、学習方法、学
習形態を工夫する。また、さらに全教科の基礎として文章
書き理解する力を育てるため朝に10分間読書の
時間を設けたり、ノート指導及びノート点検を行う。
A 体験的な学習の実践
 学校で学んだ事を日常生活で生かすことは、より実践的
⇒微妙に変な文章ですねえ。体験学習の意味合いを再考してみましょう。
な体験学習である。例えば家庭科で学習した調理を、土
曜日のゆっくりとした家族との団らんの場で行ってみた
り、社会科で学習したゴミの分別を、家でのゴミ出しに
生かしてみたりする。また、地域の伝統的な行事に参加したり
地域の自然に触れることで、我が国や自分たちの地域の
伝統や文化を尊重する心や、自然と共生していく大切さ
を身をもって学ばせる。それと共にきまりを守って仲間
           ⇒「それと」以下の文章は表現を工夫してみて下さい。
と集団行動を経験たり、よりよい人間関係を築く力をつけ
こともできる。
⇒「たり」の使いかたがわかっていません。「道場」の注意事項をよく読んで下さい。
 ただ単なる知識の量だけの学力ではなく、ゆとりの中
で育まれるこの確かな学力を身に付け、子どもが自らの
夢を実現できるように、日々研鑽し、指導に当たってい
⇒この「自らの夢」とは何ですか。
く。
⇒内容的に、可もなく不可もなく、というところです。もう少し、迫力がほしいですね。なぜこうした印象になるかというと、何枚も何枚も受験生の論作文を読んでいるうちに、同じような答案例に当り、そのとき採点官は「またかぁ」という気持ちになるからです。体験的な学習の実践に関しては、書き過ぎのきらいがあります。ひとつの実践を深めるように示し、保護者を説得するような論拠として主張すべきです。May 6,2003

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ

浩の教室