学校週5日制と学力低下について

みいちゃんさんの投稿へのコメント

 学校週五日制になり、授業時数が減少した。授業時数
が減少したことを理由に、学力低下になってはいけない。
                 ⇒「なってはいけない」との表現は変更したほうがいいでしょう。
学力低下にならないように、私は次のように指導を行っ
ていく。
@ 基礎・基本の徹底
⇒注意事項を読み直して下さい。
基礎・基本を徹底するために、教材分析・研究をしっか
          ⇒注意事項を読み直して下さい。
り行い、指導内容を厳選する。そして、かる授業が行
えるようにする。授業の中では、理解できていない箇所
    ⇒「わかる授業」の具体的中身は何なのですか。それを書かないとわかりません。
等の子どもの実態を把握する。理解できていない子供は、
⇒「授業の中では、理解できていない箇所 等の子どもの実態を把握する」は読みにくい文章です。いいたいとを簡単に書きましょう。
放課後などの時間を利用し、繰り返し指導を行う。また、
授業の始めの時間を利用し、復習の小テストを行う。他
に、朝の時間を利用し、百マス計算や読書指導を行う。
百マス計算では、時間を計り、計算力の向上がわかるよ
うにする。これが学習意欲の高まりにもつながるだろう
と思う。読書指導では、読ませるだけではなく、読み聞
かせをしたり、簡単な感想メモを書かせたりする。この
ようにして、時間的・精神的にゆとりをもてるよう配慮
し、基礎・基本の徹底をはかっていく。
A 学習意欲の向上
 学習意欲の向上をはかるためには、学ぶ楽しさを体験さ
せなければならないが、そのためには、授業が重要になる
と思う。私は、このようなことをふまえて以下の実践をし
             ⇒注意事項を読み直して下さい。
ていきたい。学習課題は、児童の生活経験に結び付いた
課題にする。学習内容の説明をする際は、児童の興味・
⇒どんな課題ですか。具体的に書いて下さい。
関心に合った内容を選んだり、理解しやすいように、児
童の生活経験と結びつけながら説明する。また、発問に
対しての応答の際は、教師が工夫し、上手に、思考や感
情を掘り下げ明確化したり、共感的・補完的意思表示に
よって児童の発言を意味付けたりする。板書も、児童の
思考の筋道がわかるように工夫する。そして最後に達成
感を味わわせる。このようにして学ぶ楽しさを実感させ、
学習意欲を高める。
⇒これだけ「道場」トップの注意事項を無視した答案が送られてくると辟易します。何とかして下さい。また、内容上、間違っているところはありませんが、読んでいて面白くないです。なぜなら、表面的に「あたりまえのこと」を書いているだけだからです。それゆえ、採点官の目に止まりにくいでしょう。もっと、みいちゃんさんなりの踏み込んだ記述を求めます。「生活経験と結び付けた指導」とは一体なんなのか、そうした突っ込んで書くところで他の受験生と差別化をはからないと、訴えるポイントがないのです。それから、「週5日制と学力低下」のテーマで論ずるべきポイントを、他の投稿者に対するコメントにおいてワタクシが述べています。それを参照して下さい。投稿するならするで、勉強してから提出するのがある種の礼儀ではないですか。ちょっとだけ怒ってます。May 10,2003

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ

浩の教室