足元からの環境教育

弘さんの投稿へのコメント

 現在、地球温暖化や酸性雨・オゾン層破壊など地球規
模で環境が悪化してきている。また、私たちの足元に目
をやると、ゴミ問題や水質汚染など、確実に私たち自身
が環境を汚していることがわかる。これからの教育は、
地球市民・社会の一員として、環境に関心をもち、理解
し、保全に向けて努力していこうとする力を生徒に身に
つけさせなければならない。
⇒ここの段落はいらないでしょう。「そこで〜いきたい」の下の一行を上の段落にいれましょう。
 そこで私は、次のような環境教育を行っていきたい。
 まず、環境教育の前提として自然のすばらしさに目を向けさせるため、自然
体験活動を行いたい。木々の緑や野鳥のさえずりに耳を
傾け、自然に対する豊かな感受性をもたせると同時に、
自然に関心を持たせたい。
 また、自然を体験した体験活動、「私たちに安らぎと生命
の源を与えてくれる森に、感謝するために、ゴミ拾いを
しよう」と呼びかけ、一人ひとりにビニール袋を持たせ、
クリーン作戦を行いたいなう。生徒たちは、自然に触れ合っ
ていた時には気づかなかったゴミが、ゴミ拾いをすると
いう意識の中でその多さに気づきはじめると思う。集め
⇒まわりくどい文章です。「生徒たちは、ゴミ拾いをするうちに自ずと自然に感謝し、また、多量のゴミがあることに反省の念を持つであろう」でどうでしょうか。
たゴミは、生徒たちの手で、分別させたい。分別してい
く上で、どのような人が捨てたのだろうか。分別の中か
⇒「分別していく上で、どのような人が捨てたのだろうか」の文章は、浮いていますので、工夫して書き直しましょう。
ら、生徒自身にゴミ問題に関心を持ち、怒りをもたせた
いと思う。
⇒いいたいことはわかりますが、「怒り」よりも「反省」あるいは「自然環境に対する人間の思慮のなさ」と表現するほうがいいですね。
 学校に帰ってきたられば、この経験を道徳の時間等に題材
とし考えさせていく。「自然に触れ合ってみてどうだ
ったか「ゴミを拾いながら、どんなことを考えていた
」など、生徒の素直な気持ちを授業の中取り入れ
ていきたい。その中から、「私たちにできることは何だ
ろうか、これからの生活をどう改善していかなければな
らないか」を話し合わせ、実践させていきたい。
 このように、生徒に外面的・内面的に動機づけを行い
ながら、環境から学び、環境について学び、環境のため
に学んでいく生徒を育てていく。
⇒自然体験活動をする場を、具体的に明示してもいいと思います。学校に近い山や川の名称を出してみて下さい。環境教育の理念を事前指導する時間のことも指導計画にいれ、第1段落に書けばどうでしょうか。May 23,2003

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ

浩の教室・トップページへ