私の目指す教師像

ジャイ子さんの投稿

 毎朝生徒が笑顔で教室に入ってくる、そして教室中に
「おはよう」という声が響いている。私はそんな学級を
創っていきたい。そのためにも私は、教師と生徒、生徒
同士の信頼関係を大切にしていきたい。以下私が努力を
重ねていく点を述べる。
 第一に、生徒理解に努力することである。生徒が生き
生きと生活し、自己の可能性を高めていくためには、一
人ひとりをきちんと見て、理解することが不可欠である。
生徒の喜びや痛みを自分のものとし、ともに考え、悩み、
笑い合える関係を築いていきたい。信頼し、信頼される
ということは一朝一夕には困難である。だが、私の教育
には欠かせない要因である。常に温かい心を持ち、生徒
に対して偽りなく向かい合っていきたい。
 第二に、常に自己を磨きつづけるということである。
教育に王道はないという考えの下で、現状に満足するこ
となく、課題を持ち続け、研鑚に励んでいきたい。生徒
のより良い発達を第一に考え、生徒の特徴にあった指導・
支援を心掛け、生徒ともに授業を創り上げていきたい。
 また、生徒にとって、何かに挑戦している姿・自己を
磨き続けている姿は魅力があると思う。私自身、体力の
続く限り生徒とともに走り続け、競技者としてあり続け
たい。そして、挑戦する心、感動を味わうことを伝えて
いきたいとも思う。
 生徒は学校生活のほとんどを教室で過ごしている。だ
からこそ私は教室での一体感を大切にしたい。明るい笑
顔と自分を認めてくれる教師や仲間は、生徒の健全な発
達には欠かせない。実践においては様々な課題が浮上す
るだろう。だがそこから逃げずに、決してあきらめず、
一歩一歩確実に私の理想に近づいていきたい。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ

浩の教室・トップページへ