いのち

すずかさんの投稿

 我々人間だけでなく、地球上の生物すべてに共通する
「いのち」は、ものの大小に関わらず尊重されなければ
ならない。今日私たちが生きていられるのは、あらゆる
「いのち」に支えられているからである。だが、人間は
ともすれば地球上でいちばん偉いと思い、傲慢になりが
ちである。しかし、日々の生活を振り返ってみると、人
間の「いのち」は人間以外の「いのち」がないと存在し
ないことにハッと気が付く。そのことを、未来を担う子
どもたちにもしっかりと伝えたい。
 昨年、私は小学校で2年生の学級担任をしていた。1
学期の初めのことである。私は給食時間の残飯の多さが
気になっていた。だが、子どもたちは全く気にしてはお
らず、その日も当たり前のように自分のパンを半分ちぎ
ってはパン箱に返す子が、次から次へとやって来た。
 「ねえ、このパン、捨てられちゃうんだよ。」と言う
私の言葉に、子どもたちの答えは「だって、いらんねん
もん。」であった。さすがに脱力感を感じたが、そのと
き「いのち」の授業をしなくては、と思い、5限目を道
徳の時間にした。低学年の子どもたちには少々難しいか
とは思ったが、その日の残飯が食べられれば死なずにす
む人々がこの地球上にたくさんいることを話した。そし
て、今日いただいた食べ物には調理される前に「いのち」
があったこと、その「いのち」を調理していることを話
した。「捨てられるために殺されたのではなく、みんな
の体で栄養になれるから、動植物の「いのち」を無駄に
してはいけないんだよ。」と話す私を、どの子も静かに
しっかりと見つめていた。次の日から残飯は驚くほど減っ
た。自分の「いのち」はたくさんの「いのち」に支えら
れていることが、ほんの少しでも理解できたからだろう。
 私は、常に命の尊さを子どもたちに伝えていきたい。
上記のような場面だけでなく、人の命、動物の命、植物
の命、全ての「いのち」を尊重する子どもを育みたい。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ

浩の教室