『総合的な学習の時間』であなたは児童(生徒)にどのような力を付けさせたいか、具体的に述べよ

かすりさんの投稿へのコメント

 これからの人間は、21世紀という、今まで以上に多様
⇒「これからの人間は」を主語にもってくるのは、どうでしょうか。「人間」よりも「生徒」でしょうし、「21世紀を背負って立つ生徒は」くらいでいいのではないでしょうか。
な価値観をもった社会を生きていかなければならない。
私は、生徒一人ひとりに、自分の生き方を切り開いてい
く力を身につけてほしいと考える。そのため、私は「総
合的な学習の時間」において、以下のような就業にかか
わる体験活動を実践する。
 まず、社会にはどんな職業があるのかを、インターネ
ットや就職情報誌などを用いて調べる。その中から、自
分が興味のある職業を選び、グループでさらに詳しく調
査する。例えば、実際に会社を訪問し、事業についての
質問や、職場見学をさせてもらう。可能であれば、夏休
みにインターンシップに行き、就業を体感する。中には、
                      ⇒この「中には〜きっかけになる」の例は不必要かもしれません。否定的な例を出すよりも実現可能な例を提示する方がいいですよ。
生徒が企業に電話をかけても訪問を拒否されるといった
場合も考えられる。しかし、たとえ断られたとしても、
電話のかけ方に非がなかったかなどと自分を振り返り、
経験を次の機会に生かすきっかけになる。重要なのは、
生徒自身が直接に行動することであると、私は考える。
 またグループごとの活動だけでなく、学校全体として
   ⇒この「グループ」は学級のことですか。
の取り組みも同時におこなう。会社訪問のためのマナー
講座を開いたり、インターンシップ情報を積極的に提供
したりする。さらに、卒業生や保護者を招いて講演会を
催し、仕事のやりがいなどを話してもらう。
 最後に、調べたことや感想をまとめ、発表会を開く。
発表会をおこなうことで、グループごとに得られたもの
をクラス全体で共有することができる。また、自分の体
験をまとめ、他者に伝えることで、自己の考えをより深
めることもできる。
⇒下線部の「で、」は美しい表現ではありません。他の表現を考えましょう。
 この活動を通して、生徒は社会についての認識を深め、
豊かな職業観を身につけることができる。それは将来の
進路を主体的に選択する能力にもつながるといえる。私は、総合
学習を活用し、生徒一人ひとりが自己の在り方生き方を
考え、自己実現できるように、全力を尽くす決意である。
⇒課題をしっかり捉えています。かすりさんが何をしたいのかが伝わってきます。ところで「多様な価値観をもった社会」と「就業体験」がどのように結び付くのか、ひとことほしいですね。July 25,2003

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ

浩の教室・トップページへ