21世紀の教育について

rappa(ラッパ)さんの投稿

 現代、私たちは、科学技術の発達、国際化、少子高齢化
など、多様な社会構造の変革の中生きている。そして、
この多様な変化、価値観が溢れる時代の中で、様々な状
況に柔軟に対応していくために、生涯を通じての学習が
必要とされる。したがって、この生涯を通じ学習していく基盤を生
徒たちに築きあげることが、これからの21世紀の教育の課題であり、
重要であると考える。私は、教師としてこの課題にどう
取り組んでいくべきか、以下重要な二点を述べる。
 第一に、生徒に自己教育力をつけさせる。この自ら学
び考えたいという意欲を持たせるには、魅力的な授業
欠かせない。私は、生徒を主体にした「分かる授業」は
もちろんのこと、自らの問題解決能力を身につけさせる
授業を行う。そのために、グループ学習を取り入れ、課
題に対して自ら情報を収集し、他の生徒との話し合いを
通じて、多くの考え方を吸収し、そして、よりよい情報
を選択する能力を身に付けさせる。私は、このとき、教
師として上から指示するではなく、その過程を見守り、
適切なときに助言できるよう配慮する。
⇒ここまでのとこころ、理念的に正しく書かれています。しかし、では具体的にどうするのか、計画を少し書いてみてほしい。情報を収集といっても、何の情報なのかわからないです。また、「分かる授業」というのは、簡単に言葉にできますが、その内容は何か不鮮明です。「分かる」は「わかる」と平仮名表記がふつうでしょう。
 第二に、生徒の基礎・基盤を徹底する。繰り返し指導
        ⇒ふつうは、「基礎・基本」です。
することや、家庭での宿題、朝や放課後の時間を活用し
て基礎学力を定着させる。また、授業において、考える
時間を与え、自分のつまずきの克服ができるように見守
      ⇒これは具体的にどんな「つまずき」なのでしょうか。
りながら助言する。そして、生徒たち自身が、得意分野
を教えあうことのできる雰囲気をつくっていく。このよ
うな様々なやり方で、基礎基本をしっかり身に付けさせ
て、次の段階に少しずつ進めるようにしたい。
  ⇒前回投稿の中でもあった表現ですが、「次の段階」とは何のことでしょうか。よくわかりません。
 これからも時代は大きく変化し続ける。この中で、柔
軟に対応し、自ら学び考えたくましく生きていく力を養
い、生涯を通じて学習することは、欠かせない。私は、
自分一人で課題を考え込まず、他の教師の方々、家庭、
地域との連携を密にして、自己研鑚に励み、生涯学習の
基盤を21世紀を生きていく生徒が築けるよう努力する。
⇒三者連携についてなど、まとめの最終段落の内容は、それまでの議論と直接関係なく、つけたし臭くなっています。その意味では少子高齢化や国際化も、結論とは無関係といわざるを得ません。なにか1つのテーマに絞って掘り下げた記述を目指しましょう。それが論作文の深みを出します。がんばって下さい。Aug.19,2003

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ

浩の教室・トップページへ