私の目指す教師像

ゆきうささんの投稿へのコメント

 いきいきと主体的に学ぼうとする子どもを育むために、
私はともに学ぶ姿勢を大切にし、支援者としての立場を
忘れない教師を目指している。
 小学校で講師をして3ヶ月になるが、肌で感じたこと
がある。あまりにも向上心を出さない子どもが多い。勉
強ができなくてもいい、友達は気の合う子だけでいい、
運動ができなくてもいいという。私は子ども達は必ず向
           ⇒ここまでの「〜という」の記述と、以下の記述とがしっくりつながっていないように感じます。子どもの実態を厳しく分析するのはかまいません。だからこそ、自分はこうするんだという書き方をするべきです。実は、ゆきうささんもそう考えているのであるけれども、それが以下の文章ではきっちり伝わってこないのです。
上心を持っていると信じている。その向上心をどう開か
⇒もう少しいうと、肌で感じたのに子どもたちが向上心を持っていると信じているという点に不自然さを感じているのです。両者には、かなりの落差が認められるがゆえに、一層そのように感じます。
せるかが教師に求められていると考える。私は基礎基本
を徹底して見につけさせ、それを活かして自ら学ぼうと
する力を子どもの中に育てたい。
⇒「それを活かし」た「自ら学ぼうとする力」は、「〜できなくていい」という3パターンの子どもたちすべてに活用し解決可能なものなのでしょうか。
 夏休みに25メートルを泳げない高学年のための水泳指
導を担当した。ある子どもは最初の計測時、バタ足で7
メートルだった。もうだめだとあきらめてすぐに立ち上
がってしまう。一緒にバタ足を練習し、どうすれば水を
しっかり捉えて前に進めるか考えさせた。自信を持たせ
るような言葉がけを続けた結果、その日は12メートル泳
げるようになった。できないときはどうすればできるよ
        ⇒このあたりで段落を設けましょう。
うになるか一緒に考え、励ましつづける。努力の結果で
きた時はおもいきりほめてやる。子どもとともに考え、
実践する姿勢が子どもには伝わるのだと感じた。私自身
                    ⇒この上の3行は主語が省略されてますね。3行つづくと不安定です。
が水泳指導を受けていた経験も役立った。日頃から指導
⇒ここでも段落が必要ですね。ご自分の指導技術については、それはそれでまとめましょう。子どものことと、ご自分のこととが綯交ぜになっているので、論旨が崩れてきている印象を受けます。
技術を高めつづけていくことも重要である。子どもは努
力することの大切さと自信という宝物を身につけてくれ
た。自由時間もひとりで練習する姿を見て、私はこの子
どもの中に自ら学ぶ力が芽生えたと確信した。翌日、ク
ロールの息継ぎをできるようになりたいといってきた。
 支援者は決してあきらめないで過程を見守りつづける
ことも求められる。子どもが自らの力で学んだときの自
信に満ちた表情を見せてくれたとき、それは私の宝物と
なる。影の立役者のような喜びを味わいつづける教師像
を私は描いている。
⇒最後のまとめの段落は、これでいいですね。しかし、論作文全体の構成を考え直しましょう。どの段落に何を書くか、まず箇条書きにし、それを文章化する。そして段落と段落の内容的な整合性を考える。そうした手順をふまえ、最終的に全体の完成度を確認します。次に、文章表現が適確であるか詰めてみてみます。第三者的視点で論作文を読み直せるかどうかです。論作文を「眺める」のではなく、「自分の目で批判的に読む」のです。seeではなく、lookというところでしょうか。Aug.20,2003

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ

浩の教室・トップページへ