学校週5日制と学力低下について

HAPPYグリーンさんの投稿へのコメント

 学級週5日制の実施に伴い、授業時数が減少され、保
護者から学力低下を懸念する声が聞かれるようになった。
⇒授業内容の縮減についても触れていいかもしれません。字数との闘いですね。
しかし、私は学校週5日制によって、より学力が向上さ
れると考えている。それは、学力とは知識の量だけでは
         ⇒この「それ」は何を意味しますか?微妙に文章が不自然です。
なく、自ら進んで学ぶ力という大きな意味が含まれてい
るからである。私はこの広い意味での学力の向上のため
         ⇒「新しい学力」でもいいかもしれません。ところで「大きな意味」と「広い意味」では、どのような違いがあるのでしょうか。
に、以下の二つの取り組みを実施する決意である。
 第一に、新しい学習指導要領によって生まれた時間的
なゆとりを活用し、基礎基本の充実を図る。授業では単
に答えを求めるのではなく、その過程に重点を置く。答
えが違っていた児童にも、考え方を聞くようにする。す
ると、考え方は正しかったことがわかったり、つまずい
ている箇所が明らかになったりする。答えが当たってい
た児童には復習の場になり、間違えた児童には習熟の場
になるのである。私は、その都度繰り返し学習させ、児
童の習熟を図り、学力の基礎を定着させる。
 次に、児童の学習意欲を高め、その意欲を休日の家庭学習生か
していく及ぼしたい。講師で担任をしていたとき、調べ学習を行っ
た。調べ学習は、児童が好きな課題を選択し活動するの
で、学習意欲が高められる活動である。この活動の後、
                  ⇒「この活動」の内容は何でしょうか。何を「調べ学習」したのでしょうか。
ある児童が自主的にかわせみについて調べてきた。感激
した私は、学級便りにそれを載せ、皆の前でほめた。す
ると一人、二人と自主的に調べ学習を行ってくる児童が
増えた。この意欲を生かし、休日の宿題を自由課題とし
た。その中で努力の見られるものを学級便りに載せ、ほ
めた。そうすることで一人ひとりの努力を積極的に見出すことは、本人自信につながり、さらに
意欲が増した。また、他の児童はいろいろな方法を知り、
挑戦してみようというきっかけになったのである。私は
このように学習意欲を休日に生かしいく。
 私は、以上の実践を行い、学力向上に取り組む決意である児童の良い点を伸ばす。
そして、保護者が我が子の宿題をする自主的な姿を保護者に
ことがせることによって、学力向上の懸念の払拭に直接つながるのであるといえよう
⇒大変よい内容の論作文です。あとは添削した箇所について、要領よく字数を整えて下さい。Aug.22,2003

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ

浩の教室