21世紀の教育について

えるさんの投稿へのコメント

 私は、21世紀の教育とは、子どもたちに豊かな心が育
まれることだと考えている。現代の日本は、物質的には
⇒この1行目は不自然です。「私は」と「考える」を抜いてみましょう。「21世紀の教育とは、子どもたちに豊かな心が育まれることである」→「21世紀の教育に不可欠なのは、子どもたちに豊かな心を育む教育内容や制度であろう」くらいでどうでしょうか。
世界に類を見ないほど豊かになった。しかし、心の面で
                     ⇒あるいは「物質面」と対比させて、「精神面」でもいいでしょう。
はどうだろうか。少年による凶悪犯罪の増加や親による
児童虐待など、子どもたちの心を傷つけるような事件が
多発している。物が豊かになればなるほど、心が置き去
⇒少年犯罪と児童虐待を両方とも「子どもたちの心を傷つけるような事件」で一括りにするのは、厳密には問題があるでしょう。少年犯罪はこころの歪みや荒みがなせる行為です。もちろんそうした心にした理由の一つに、保護者の責任があるでしょう。児童虐待にこそ、「心を傷つける」ひどさがうかがえます。
りにされているように感じる。私は、子どもたちの豊か
な心を養うため、以下のような取り組みを考えている。
⇒ここまでで、字数をダイエットし、一つの段落にしていいような感じです。
 幸せの原点は家庭にある。そこで私は、家庭での会話
を増やすよう、保護者と協力していく。子どもたちのよ
うすを学級通信で伝えたり、連絡帳で保護者と連絡を取
り合ったりして、家庭との連携をしていく努力をする。
⇒ほかに手段がないですか。この手の提案は他の受験生との「差別化」をはかれませんよ。
少子化が進み、子どもたちは、自分の部屋を持ち、ほし
い物を与えられ、家の中でとても大切に育てられている。
しかし、物を与えられるだけが幸せなのだろうか。夕食
の後に、今日あったことを家族で話し合う。団欒の中で
学校や友だちのこと、うれしかったことや悲しかったこ
となどの話をする。家族と会話をすることで、子どもた
ちは深い愛情と安心感を得る。家族の中にいつも会話が
あり、互いに思いやる気持ちを持っているたせたい。物を与える
のではなく、愛情を与える。それが子どもの豊かな心を
      ⇒「愛情」ってなんなのでしょうね。これは難しい問いです。
育んでいくと考えている。
⇒こうした「理想的な家庭環境」にどうすれば近づけるのでしょうか。具体的に教えてほしいところです。
 21世紀は心の時代といわれている。美しいものに感動
する心、他人を思いやる心などの豊かな人間性を、子ど
もたちが身に付けられるよう社会全体が心を豊かにして
いかなければならない。私自身、美しいものやすばらし
いものに対する感性や、周りの人に対するやさしさを育
んでいく努力をする所存である。
⇒最後のまとめは、家庭とどのように関連するのでしょうか。それを書かないと、一貫性が薄れます。全体的に一般論に終始している感があります。もっと、はじけて下さいね。Aug.30,2003

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ

浩の教室・トップページへ