21世紀の教育について

まるちゃんさんの投稿

 第15期中央教育審議会は、今世紀に求められる教育理
念に「生きる力」を掲げている。そして、私は「生きる
力」の一つに、「自己教育力」があると考える。
 現在、私は中高年失業者の再就職支援施設に勤務して
いる。近年の雇用情勢は長引く不況の影響もあって、大
変厳しい。しかし、再就職が決まる人とそうでない人に
は違いがある。「自己教育力」の有無である。失業とい
う困難を前向きにとらえ、自分を謙虚に振り返り、不足
している知識や技術を身につけて活かそうとする人は、
比較的早く再就職が決まる。
 このことをふまえて、私は以下のことを実践する。
 学習指導では、まず、児童一人ひとりに基礎・基本を
徹底して身に付けさせる。その上で、例えば、社会科の
授業で、グループで産業新聞を作成させる。各グループ
で、日本の工業・農業・水産業の中から分野を選ばせ、
品目や業種別に分担させる。児童一人ひとりに、図書館
やインターネットを利用して、生産量や特産物などを調
べさせる。その業種や品目が抱える問題点なども調べさ
せて、意見や解決策などを考えさせる。そして、各児童
が持ち寄った記事や資料などを、グループで検討させる。
最後に、グラフや地図も取り入れながら、レイアウトや
配色なども創意工夫をさせて、産業新聞を完成させる。
 児童指導では、児童に自らの学習や生活を振り返らせ
て、1ヶ月、1年間単位での目標を持たせる。自分でわか
らない場合は、私がその児童の個性や特質を把握したう
えで、適切に助言していく。そして、日々の教育活動全
体のなかで、児童の様子を注意深く見守り、進歩が見ら
れる時は、大いにほめて達成感と自信を与え、進歩が見
られない時は指導や激励をしていく。
 変化の激しい現代社会である。私自身も、働きながら、
パソコンや簿記などの資格を取得した。私は、児童を自
分の人生を切り開くたくましい心を持った大人に育てる
と同時に、自己自身の研鑽の努力を惜しまない教師にな
る決意である。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室