私の目指す教師像

ドナルドさんの投稿へのコメント

 私は子どもと3つの立場で接することで、子どもから
信頼される教師を目指す。3つの立場とは授業者、相談
者、友達の立場である。
⇒難しいところですが、「授業者」は別の言葉の方がいいかもしれません。また、「友達の立場」はマズイでしょう。さすがに、教員は教員であって、「友達」といい切ってしまうと、問題があると思います。いうならば、「保護者」の立場でしょう。
 学校の大半は授業の時間である。授業をいかにわかり
            ⇒で構成されている
やすくできるか、子どもが意欲的に取り組めるかを常に考えなが
ら教材研究を行う。授業の内容をその中だけで終わらせる
               ⇒表面的に
ことなく、日常生活と結びつけるような工夫をする。授
業がわかるということは楽しいと感じることでもあり、
わかりやすい授業を行うことを心がける
⇒「わかりやすい授業を行うことを心がける」は繰り返しですので、カットしましょう。
 次に相談者の立場とはから、子どもが何でも話せるような
環境を作るということである。恩師の活動で教育実践に、連絡帳に
毎日の出来事や感じたことなど、1行でもいいので何か
書いて提出する活動指導があった。連絡帳を朝出して帰りに
                     ⇒「朝に提出し」でもいいでしょう。
返してもらったが、文章にはいつも恩師からの返事が書
かれていて、非常に嬉しかった覚えがある。はじめは何
気ないことを書いていたけれど、続けていくうちに自然
と友達のことなどの相談もするようになっていた。友達に関する相談
をしたり、一日が芳しくなかった内容を書いたりしたときには、
直接声をかけて話を聞いてくれたりさらには返事がいつもより
     ⇒「時間を見つけて話かけてくださり」としましょうか。
長く書かれていて、親身になって接してくれた。私も恩
師に見習い、直接ではなくとも子どもと話ができる場を
      ⇒「連絡帳を活用するほか、」
作り、よき相談相手になることを心がける。
 最後に友達の立場であるが、話をすることはもちろん
のこと、休み時間にはできるだけ一緒に遊ぶようにする。
遊ぶことを通して授業では見られない子どもの違った面
を発見したり、仲間関係を見たりすることができ、子どもとの
コミュニケーションもよりいっそう深まるであろう。
 子どもとの信頼関係はいきなり築き上げることはでき
く、い。子どもと親しく、面倒みよく接する毎日積み重ね築けるものであ
る。私は、この3つの立場を心に留め、一人ひとりを理
解することに努めながら、子どもから信頼される教師を
目指す。
⇒目指す教師像が3点に明示され、すらっと読める論作文です。しかし、最初に注意したように、「友達」はだめですねえ。その意図は「児童と同じ目の高さ」ということでしょうから、そうしたニュアンスをもって書きましょう。先生と児童は、基本的に評価、被評価の関係にあるので、低学年ではそれが意識されなくても徐々に児童の先生に対する見方が変化してくるものです。そこを踏まえないと、6歳から12歳までの児童をあずかることができません。こうした考え方を前提に、友達感覚をもって接することはよいことです。すなわち、「友達の立場で接すること」と「先生として信頼され親しまれること」とは違うということです。児童は大人としてワタクシたちをみています。Feb.29,2003

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室