私の目指す教師像

司さんの投稿

 「私は英語の流れるような美しい発音が好きなのです」
という高校時代の恩師の言葉が今でも鮮明に心に残って
いる。英語を「美しい」と形容された先生。当時の私に
英語を教科の一つとしてではなく、他の側面から英語を
発見させてくれた。この先生の一言は私の英語への興味
を一層かき立ててくれた。私はそれ以来、生徒と共に新
しいことを学ぶ面白さを感じて行きたいと考えている。
それは、行事などの非日常からだけではなく、日々の学
校生活にも言えることである。例えばインターネットを
使用して、英語で手紙を書いて友達を作る。実際に自分
の気持ちを書き、それが通じた時の喜びは生徒に強い印
象を与え、その後の学習に繋がって行くと思う。
 私は何事もまず、きっかけを与えそこから生徒が感じ
たこと考えたことを生かし伸ばしていける教師でありた
い。その為にはそれを支える豊富な知識はもちろんのこ
と、一人一人の生徒に合った方法を見つる必要がある。
どのようなことに興味を持っているのかというのは、日
々の生徒との触れ合いがあってこそ見えてくるものであ
る。例えば宿題をしてこない生徒がいる場合、解らなか
ったのか、家庭で何かあったのか様々な要因を考える。
ここで、単に注意をするだけでなく、まず、理由を聞き
共に考えるという姿勢を大切にしていきたい。そして、
生徒にとって最善の方法を考え、導いていきたい。
 どの生徒にも必ず光るものがあると私は信じている。
その光は時には見えにくいであろう。だからこそ、焦ら
ずそして根気強く取り組んでいこうと思う。可能性に満
ちた生徒の教師であるためには、日々成長し続けようと
いう弛まぬ努力が必要である。自分自身チャレンジする
姿勢を忘れず生徒と共に学び続ける教師でありたいと思
う。

論作文道場へ    論作文コメントへ    トップページへ

浩の教室・トップページへ