私の目指す教師像

ばんこ丸さんの投稿

 教育実習を通して思い出されたかつての記憶があった。
それは、学生時代、勉強で分からない問題があっても先
生になかなか質問できなかったという経験である。当時、
私は「このような問題は実に簡単過ぎて質問するに値し
ないのではないか」、「馬鹿馬鹿しくて先生に笑われて
しまうのではないか」、などと勝手な思い込みをしては、
問題を抱え込んでしまったものだった。
 しかし、このような経験をしていたのは私だけではな
かった。教育実習で生徒と関わってゆくうちに、生徒は
やはり教師に質問をする際、意外な程に緊張するのだと
いうことを話してくれた。このような思いをしている生
徒は少なくないという事実を知り、私は生徒が気軽に何
でも話せるような教師を目指すようになったのである。
 自分の力で解決できない問題にいつまでも頭を悩ませ
ていたら気が滅入ってしまい、分からないままでよしと
してしまうことだろう。そのような状況に置かれた生徒
にいち早く気づき、対応することで、一人でも多くの生
徒の理解を助け、分かることの喜びを知ってもらいたい
のである。
 では、目指す教師像になるために具体的にどうすべき
か。まずは、普段から積極的に生徒と対話する機会をも
うける。机間巡視や授業前後などの短い時間でもこちら
から声をかけていくことで教師と話す抵抗を次第に減ら
す。これを毎日繰り返し、生徒にとって話しやすい関係
をつくる。
 次に、質問に来てくれた生徒をさらにやる気にさせる
ようなひとことをかける。たとえ簡単な質問であっても、
聞き逃してしまった箇所に対する質問であっても、その
まま分からず終いにしなかった態度を褒める。そうする
ことによって、先生にまた聞いてみようかなという意欲
へとつなげてもらう。
 生徒と直接接することのできる場所にいるからこそ、
真っ先に対応してあげられる教師になりたい。私は生徒
と十分対話することによって、理想とする教師を目指す
のである。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室