学校、家庭、地域社会の連携をいっそう深めることが求められている。これについてあなたの考えを述べ、またどのように実践するか、具体的に述べよ。

五里ラッパさんの投稿

 現在、社会は少子化、核家族化により、児童同士の関
わりや地域社会での多様な活動、体験が不足してきてい
る。「生きる力」の一つには、他人を思いやる心や感動
する心などの豊かな人間性がある。学校教育は、地域社
会と提携し、児童に様々な体験をさせる必要がある。そ
の中で、児童に人間関係を深めさせながら、豊かな心を
育てることが大きな課題である。
 そこで私は、総合的な学習の時間に、地域に密着した
体験の場を設定する。例えば、新潟県なら米作り、三条
市なら金物作りを、児童に体験させる。地域には必ず「
○○のプロフェッショナル」の方がいる。そういう人を
学校に呼んだり、現場へ児童を連れていったりして、本
場の体験をさせる。私は大学三年のときに、小学生と一
緒に凧作りをする機会があった。地元の人が作り方を教
えてくれて、凧合戦の話もしてくれた。実際に凧合戦を
しているビデオを見て、実物大の凧も見学した。児童は、
自分が作った凧を上げて、本当に楽しそうだった。また、
自分の大きさの何倍もある凧を見て感動している様子だっ
た。このとき私は、普段の授業では見ることのできない、
児童のキラキラとした眼を見た。学校教育だけでは、こ
んなに児童のフレッシュな感情は出てこなかっただろう。
教師の力だけでは、凧合戦の感動を児童に鮮明には伝え
られなかった。学校教育と地域社会、地域の人々との連
携により、児童はその道を極めた人と一緒に、本場の体
験をすることができる。地域の人々と関わることによっ
て、児童は、普段とは違う人間関係を築くことができる。
 教師が児童に様々な体験をさせ、人間関係を深めさせ
るには、教師自身が日ごろから多様な体験をしなければ
ならない。それを忘れずに、日々を単調なものとしない
ようにしながら、多くを学び、児童の「生きる力」を育
成し、期待に応える決意である。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室・トップページへ