教員に必要な資質、能力について述べよ。その際、あなたはその資質、能力を養うため、どのような努力をしているか示しなさい。

昇平さんの投稿

 近年、学級崩壊、いじめ、不登校など、学校を取り巻
く不適応状況が噴出し、問題化している。心に悩みを抱
える生徒の多さの現れである。カウンセリングマインド
を持ち、生徒一人ひとりに寄り添う思いやりのある姿勢
が、今教師に求められている。
 高校2年のときの担任は、まさしく私の理想の教師で
ある。新しい学年になったばかりの頃は、まだクラスに
も馴染めず生徒はみな不安で一杯である。その恩師は、
出会うと必ず先に挨拶してくれ、授業は勿論、休み時間
や登下校時にも積極的に声をかけ、趣味や部活動の話を
してくれた。私たちは恩師を信頼し、クラスに一体感が
生まれ始めた。その矢先、いじめが発覚した。恩師は真っ
先に気付き、家出した被害者の生徒を他の先生方と協力
し一晩中捜し回ったそうだ。
 今考えると、恩師の行動はその日一日でできるもので
はないことがわかる。日頃から挨拶など生徒一人ひとり
に声かけをして、信頼関係を築く。クラス全体を常に観
察し、生徒たちの今の状況を把握しておく。家庭との連
携を密にし、家での過ごし方で生徒に変化があればすぐ
報告してもらえるようにする。教師間で連携し、共通理
解をもとに情報交換を行う。このように、いじめに対す
る恩師の行動は、普段から生徒を思いやり、学校、家庭
との連携を深めていたからこそ、実践できたものなので
ある。
 この恩師のように、どんな場合にも生徒の気持ちを一
番に考えた行動がとれるよう、日頃から以下のことを努
力する。まず、普段から積極的に生徒に声をかけ、受容
的態度、共感的理解により信頼関係を築く。一人ひとり
の表情、クラス全体を注意深く観察する。また、学校、
家庭との連携を密にすることで、生徒の状況をさらに深
く把握し、生徒理解を深める。これらを目指し、日々研
修を重ね、全情熱をかけ粘り強く取り組んでいく決意で
ある。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室・トップページへ