私の目指す教師像

hiro-kさんの投稿へのコメント

 私は、生徒がやる気を持って行動してくれるような指
導のできる教師になりたい。
⇒ここはもうちょっと絞って、どのような面で「やる気」を持つのか限定すれば、下の記述とつながりがでてくる書き出しになります。
 中学3年のとき学校祭の壁新聞で、担任の先生から清
書を任された。字を書くのは女子がやるもの、と決め付
けていた私には驚くべきことであった。お世辞にも字が
⇒「字を書くのは女子がやるもの、と決め付けていた」と書くのは、過去のことであったとしても、まずいかもしれません。
うまいとは言えない。しかし、校内で金賞、地区のコン
クールでも優秀賞を獲得し、それまでの人生で一番の喜
びを感じたのを覚えている。
⇒この「金賞」は、この学校祭の時に清書したものに与えられたのでしょうか。そうであれば、その経緯がわかるように書きましょう。
 その先生は当時40代半ばの先生で、字の書き方を丁
寧に指導してくれ、疑問にも答えてくれ、何でも素直に
聞けた。明るく信頼できる先生だった。私がこんな教師
になりたいと思い始めたのはこの頃であった、こうした親身に指導して下さった先生との出会いからである。
「先生」と聞くと怖い、厳しいというイメージがある。
⇒段落は1マス空けましょう。
しかしそれは生徒との信頼関係が成り立っているからこ
そ生まれる感覚であり、友だち関係とイコールにしては
けないならない
⇒この文章は、ちょっと不自然に感じます。なぜなら、信頼関係があろうとなかろうと、「先生」にはそうしたイメージがあるのではないでしょうか。信頼関係が成立すると、その「怖い」が、教育的愛情をともなった「怖い」になるのではないでしょうか。
 先生生徒との間の壁は必要なのである。その壁にある
ドアの鍵をもらうには、なにより日々の会話が必要である。部
⇒いい表現ですが、読み取り方によっては、あなたが考えていることと違うように読まれてしまうかもしれません。「先生と生徒の間にはある種の壁が必要である。しかし生徒からの信頼を得るには、生徒を理解する鍵を教員を目指す私は発見しなければならない」でいいかもしれません。
活動や生徒会活動などで積極的に声がけをし、生徒との
情報交換を図り、個々の性格をつかむ。そのためにも事
前に教師間の情報交換を図り、個々の生徒の生活の様子を把握
していきたい。
 数学の授業では生徒が自主的に考えられるよう、実験
的活動を多用していきたい。例えば1年生の正負の数の
加法では、トランプで黒を+、赤を−のカードとして取
り入れていきたい。そして細かなことでも積極的に誉め、
やる気を引き出したい。
 その上で指導、状況によって叱責もしなければならな
い。指導のないと放任、逆は束縛というイメージを抱か
  ⇒ここは簡単なミスですね。手直ししてください。
せてしまう。また、不安定な生徒に厳しく接したりしな
いように、生徒の様子も踏まえて接していかなければや
はり不信感を抱かせることになる。
 作った壁新聞を見返すことがある。決して上手ではな
いが一生懸命やったことがうかがえる文字で、当時の担
任の先生を思い出す。将来私のことを思い返してくれる
ような生徒が出てくれたら、と思うを一人でも育てることが私の目標である
⇒段落設定が多いように感じます。手直ししてください。内容的にはエピソードも効果的に挿入してあり、いいと思います。しかし、最終的にどのような教師像かをしっかり示す必要があります。その「40代半ばの先生をモデルとして、意欲を引き出す教員像を提示して「まとめ」を再考すればもっとよくなるでしょう。June 8,2004

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室