私の目指す教師像

こてちんさんの投稿へのコメント

 私の目指す教師像は、中学時代の吹奏楽部の顧問の先
生である。社会科の先生で、独自独特のユーモアを使用した交えた
教科指導がとても分かりやすく、楽しく学ぶことが出来でき
た。また、吹奏楽部の指導では、私たちを関西コンクールにまで
導いてくれ情熱のある先生であった。
 私は学級や部活でいじめられ、不登校も考えたことも
あった。先生は「たった一人欠けても吹奏楽は出来できない。
吹奏楽のために学校へ来いと違った角度から叱咤してくれた。の一言で私は学校に通
うことが出来できのであるそして私は吹奏楽で担当した楽器で音楽高
    ⇒「できた」という表現が多いです。
校に進んだ。先生に音楽の楽しさを教えていただいたよ
⇒ここは、もっと具体的に、ピアノとかフルートとか、どんな楽器なのか書くべきでしょう。「楽器で高校に進んだ」はいいたいことはわかるのですけど、表現が悪いので、書き直しましょう。
うに、私も生徒たちに音楽の楽しさを教えたいと思い、教師を目
指している。
 吹奏楽に懸ける情熱、確実な教科指導、つまずき悩ん
でいる生徒の話を良く聞き、優しく、時には厳しく励ま
してくださった先生は私の目指す教師像である。
 現在、私は中学校の吹奏楽部で指導を行っている。現在も
含めて、これから生徒たちはどのようにすれば上達するのか、どの
ようにアドバイスすれば有効かさら研究していきたい熱をいれて指導する
 また、専門教科においても生徒たちに音楽の基礎・基
本を着実につけさせたい。そして生涯にわたって音楽を愛好す
⇒音楽の基礎・基本とはどういうものか、自分なりに1行付加して書いておきましょう。
る心情を育てられるように常に教材研究をし、指導法を
工夫するように心がけたいと思う
 そして、カウンセリングマインドを持って、生徒たち
 ⇒接続詞「そして」を多用しすぎです。控えましょう。
の話を良く聞き、共感的に理解できるようになりたい。
生徒たちがつまずき、悩んでいるとき、どのように応対
し、生徒が何を必要としているかを理解してあげられ
よう努めたい。中学生は心身ともに不安定な時期であ
る。将来社会に貢献できる人間になって欲しい。そして
将来、家庭を持ち、自分たちの子どものための良き父母と
なれるように、社会への橋渡しが出来できるような教師にな
りたいと思う
⇒この最後のまとめのうち、家庭を持って子どもが云々のところは、目指す教師像とどのように関連するのですか。前半部分とあまりつながりがないように思えます。「そして」と「と思う」は極力使わないようにしましょう。「できる」も多いです。内容的には、吹奏楽部の指導者にして社会科教諭の恩師の像が見えてきていいですね。モデルにしたい気持ちが伝わってきます。その先生から何を学んだのか、わかります。そこから、自分なりにどのように発展させていくべきか、たとえば「音楽を愛好する」方法について、考察を深めてみましょう。June 9,2004

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室