私の目指す教師像

こてちんさんの投稿

 私の目指す教師像は、中学時代の吹奏楽部の顧問の先
生である。社会科の先生で、独自のユーモアを使用した
教科指導がとても分かりやすく、楽しく学ぶことが出来
た。また、吹奏楽部の指導では、関西コンクールにまで
導いた情熱のある先生であった。
 私は学級や部活でいじめられ、不登校も考えたことも
あった。先生は「たった一人欠けても吹奏楽は出来ない。
吹奏楽のために学校へ来い。」その一言で私は学校に通
うことが出来た。そして吹奏楽で担当した楽器で音楽高
校に進んだ。先生に音楽の楽しさを教えていただいたよ
うに、私も生徒たちに音楽を教えたいと思い、教師を目
指している。
 吹奏楽に懸ける情熱、確実な教科指導、つまずき悩ん
でいる生徒の話を良く聞き、優しく、時には厳しく励ま
してくださった先生は私の目指す教師像である。
 現在、中学校の吹奏楽部で指導を行っている。現在も
含めて、これからどのようにすれば上達するのか、どの
ようにアドバイスすれば有効か更に研究していきたい。
 また、専門教科においても生徒たちに音楽の基礎・基
本を着実につけさせたい。そして生涯にわたって愛好す
る心情を育てられるように常に教材研究をし、指導法を
工夫するように心がけたいと思う。
 そして、カウンセリングマインドを持って、生徒たち
の話を良く聞き、共感的に理解できるようになりたい。
生徒たちがつまずき、悩んでいるとき、どのように応対
し、生徒が何を必要としているかを理解してあげられる
ように努めたい。中学生は心身ともに不安定な時期であ
る。将来社会に貢献できる人間になって欲しい。そして
将来、家庭を持ち、自分たちの子供のための良き父母と
なれるように、社会への橋渡しが出来るような教師にな
りたいと思う。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室