21世紀の教育について

ドナルドさんの投稿へのコメント

 現在、核家族化や少子化などに伴い、人間関係が希薄
化している。この他者との関わり合いの少なさから子ど
も達が相手の立場に立って考えたり、他者を認めたりするなど
の思いやりの心が乏しくなっていると私は考える。学校
という多くの人と関わりを持てる場で、私は子ども達に
⇒「学校という集団教育の場で」でもいいでしょう。多くの友達に囲まれた、共同生活を送る、など、多様に表現できますね。
思いやりの心を育むための活動を行っていく。
⇒テーマに即していることを明示するため、どこかに21世紀の教育に必要なのは、豊かな人間性を育むこと、というような趣旨を書き込みましょう。
 例えば道徳の時間」において、「友達の良いところ探し」を行う。それぞれ
友達の良いところを見つけ、紙に書き、声に出して読んでか
⇒人のよいところは、場所を指す「所」ではないので、平仮名にしましょう。
み、その子に渡す。声に出すことでせば、自分が認められている
こと直に感じられ、喜びも大きくなるだろう。先生や親から
の紙も渡し、自分の良いところを集めた一つの賞状を作り、
⇒「親」ではなく保護者とすべきでありますが、それはちょっと難しいですね。我が子のよいところは指摘できますが、クラスの他の子どもに対しては、難しいでしょう。
それを見つめて自分なりに賞状の題をつける。このように
各自がクラスのメンバーに認められ、自己肯定感を感じる活動から、積極
的に他者の良いところを探したり、人には良いところがあり、自
分と異なっていてよいということを理解できると考える。
 また、体験活動を用いてを採りいれ、他者を思いやる心を育むとと
もに、実践力も身につけさせる。「障害を持った方やお
年寄りに優しく」と言葉だけの授業は表面的になりがち
である。しかし、私が小学生の頃、実際にタオルで目隠しをした
り、耳栓をしたりして歩くという何気ない行為の怖さ
⇒「怖さ」と書くと、変に理解されることもありますので、「〜何気ない行為から、障害者のおかれている厳しい状況を実感した〜」としましょうか。
を実感した経験がある。さらに、ひざを布で固定したり、足に重り
をつけて、立っていることや階段での大変さも学んだ。
私はこのような体験活動に加えて、ロールプレイングを
用いて実際に席を譲る場面を設定し、ロールプレイングさせてみる。頭で分かってい
ても行動しなくては相手に伝わらないことや主体的に自
分から他者にかかわることを通し、相手がどのような気持ちに
なるのかを考えさせ、行動できる子どもに育てる。
⇒道徳的実践力の向上ですね。
 中教審答申にもあるように、「心の教育」が重要視さ
⇒「心の教育」は、「学びのすすめ」にも書かれています。
れている中で、私は教育活動全体でグループ活動や話し
合う活動、体験活動など、他者と関わりあう場を作って
                  ⇒「環境を数多く用意する」でもいいでしょう。
いく。そして、私自身も子ども達の模範となるよう常日
頃から思いやりの心を持ち、行動していく。
⇒よく書けていると思います。なにをやりたいのか、しっかり伝わってきます。第1段落のところに注意しましたように、テーマに即しているということは、必ず採点官に意識させなくてはなりません。まとめのところに締めくくりとして書き加えてもいいでしょう。あとは、表現に気をつければ万全でしょう。June 29,2004

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室