足元からの環境教育

かつどんさんの投稿へのコメント

 21世紀を生きる子どもたちには、「環境について考
える」だけの人ではなく、「環境のために行動する人」
になってほしい。環境のために行動する人」とは、地球
を愛し、自然を愛し、自分自身が環境と関わっているこ
とを自覚している人のことである。自然を愛する心があ
⇒「環境のために行動することとは、地球を愛し、自然を愛し、自分自身が環境と関わっていることを自覚する態度を意味している」ということですね。
るからこそ自分の行動が環境に与える影響について考え
ることができ、真剣に環境問題に取り組むことができる
のである。
 私は子どもの頃、よく父と山に登った。有名な山では
なく、登った山は家からさほど遠くない山がほとんどばかりだったが、そ
の経験が私を自然が大好きな子どもにしたのだと思うである
今、私は燃えるごみと燃えないごみを絶対に混ぜない。
トイレットペーパーも資源を再利用しているものを使う。
ささいなことだが私のこうした行動の背景には、子ども
の頃の父と登山した自然体験がある。その体験によって、自然を大切
にしたい気持ちが育まれたのだろうといえる。私にとっての「足
元からの環境教育」は、子どもの頃の山登りだった。
⇒かつどんさん自身が自然を大切にする態度を身につけたことを、「だと思う」や「だろう」と推測で書かないように。そうであるのかどうかは、読み手にはわかりません。
 私が環境教育を行うにあたっては、身近な自然体験を
重視したい。そこで自然を愛する心情を育んだうえで、
子どもが自分の行動と自然との関わりについて考えるよ
うにする。その後環境問題に取り組む姿勢を身につける
ようにする。自然体験は、総合的な学習の時間や生活、
理科、特別活動を中心に学校生活全体を通して行う。
例えば教室でメダカを飼育する。子どもはその成長を見
守り、飼育することで、メダカやメダカのすむ川などに疑問をもったり
愛着をもつようになるもったりするようになる。そのうえで水質汚濁について学
習する。自分たちの行動が引き起こす環境問題を意識す
る指導を繰り返し行い、自分たちが愛着をもっている身
近な自然との関係を考えるように導く。そしてその解決
について考えていく。
⇒「私が環境教育を指導するにあたって、上のように積極的に身近な自然を体験させる。自然を愛する心情を育めば、自ずと子どもが自分の行動と自然との関わりについて考えるようになる。そうしたきっかけが将来にわたって継続的に環境問題に取り組む姿勢に結び付く。それゆえ、学校では生活科や総合的な学習の時間、理科、特別活動等を中心に可能なかぎり自然と触れさせる。そのほか教室でメダカなど生き物を飼育する。子どもはその成長を見守り、メダカやメダカの棲息する川の汚れに疑問をもつこともあるし、その浄化を期待し郷土の川に愛着をもつよう意識も転換するかもしれない。私は自然を畏れ、自然に感動し、自然を大切にする意識を生徒に自覚させ、環境問題を意識する指導を繰り返し行い、自分たちが愛着をもつべく身近な自然との関係を考え、その解決について支援していく」という感じでしょうか。
 環境問題を自分自身のことと考え、その解決に向けて
行動できる人間を育てたい。そのためには「足元からの
環境教育」大切である。
⇒構成、論旨はこれでいいでしょう。かつどんさんの経験も盛りこまれ、結構です。お父さんからの自然を大切にする注意点、掛けてくれた言葉などを記してもいいでしょう。July 19,2004

論作文道場へ  もとの文章へ  トップページへ  i-modeトップへ

浩の教室・トップページへ