完全学校週5日制下における、『生きる力』を育む提案を具体的に述べよ。

さちさんの投稿へのコメント

 現在、完全学校週5日制となり、授業時数や学習内容
が削減され学力低下が心配されている。確かに学習内容
は減ったが、そのことがそのまま学力低下につながるの
だろうか。こどもたちに必要な力は、単に知識の積み上
げではない。子どもたちが生きていくうえで、困難な壁
にぶつかった時、身につけた知識や経験をもとに、自分
で考え乗り越えていく能力、すなわち生きる力を育んで
いくことが大切であると考える。
⇒よい書き出しですね。
 そのために私は、個に応じた授業で子どもたちに学ぶ
喜びを感じさせる授業にしていく。
⇒この2行は上の段落に組み込みましょう。
 学校インターンシップで算数の授業補助に入った時、
計算プリントをやろうとせず、遊び始める子どもたちが
いた。一人ひとりの側に行き、一緒に問題を解く中で、
わからないからつまらない、だからやらなかったことに
きづいた。一人一人ひとりと一緒に考え、こどもが自分の力で
⇒「私は子どもたち一人ひとりに接し、わからないところを教えながら一緒に問題を解いた。このとき、私は、わからないからつまらない、だからやらなかったことにきづいた」としましょうか。
問題が解けた時、子ども達の目の色が変わった。今まで
やろうとしなかった子ども達が、自分から「問題出して」
と言ってくるようになったのである。さらに、解けない
友達に、「僕が教える」と教え始める子どもも出てき
た。
 このことから、できたという喜びが子どもにやる気を
出させ、学ぶ楽しさや喜びへとつながっていくことを実
感した。子どもたちは、考え方も感じ方も、学ぶ速さも
それぞれ違う。私は一人一人ひとりの学びのペースに合わせ、子ど
もたちに学ぶ喜びを感じさせる授業をしていきたい。こ
の喜び一つ一つが、子どもたちの自信になり、学ぶ意欲
を引き出していく。また、友達を思いやって、共に学ぶ
心へとつながっていくと確信するといえよう
 私は、子どもたちに学ぶことの喜びを感じさせる授業
を通して、学ぶ意欲を引き出し、生きる力を育んでいく。
子どもたちと共に考え、学び合いながら、共に成長し続
けることのできる教師を目指していく決意である。
⇒文章は正確に書けていますので問題ないでしょう。しかし、論作文のテーマは、週5日制の下での「生きる力」の育成であるので、ちょっとズレがありますね。授業から得たさちさんの実感は理解できます。学ぶことの喜びを子どもたちに実感させることも大切です。それが土日休みの学校の体制とどのように関連するのでしょうか。そこが欠落していると、最後に「共に成長し続けることのできる教師を目指していく」とあるように、「私の目指す教師像」と変わらなくなります。テーマに即して書くこと、これが肝要です。July 31,2004

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ   i-modeトップへ

ケタ、ホカオシシ。ヲ・ネ・テ・ラ・レ。シ・ク、リ