足元からの環境教育

みかリンさんの投稿

 物が豊富にあり、何でも手に入るこの時代、子ども達
は、何不自由なく育ってしまった。そのため、見た目が
悪い野菜や果物は食べようとはせず、好きな物を好きな
分だけ食べて後は残して捨ててしまうというのが現状で
ある。同じ地球には、食べ物もろくに食べられず、飢え
で死んでいく人々が何人もいるというのに。環境教育と
いうと、環境保全など世界規模の問題であるが、このよ
うに食生活など、まずは身近なことから目を向けていく
べきであると思う。
 教育実習に行ったとき、給食を好きな物だけ食べて後
は全部残してしまうという子がたくさん見受けられた。
しかも、その量は全員の量を合わせると、かなりの量で
あった。給食で嫌いな物を無理やり食べさせるというの
は、その子の人権を無視しているため良くないと思うが、
相当な食べ残しの量を考えると、食べ物を何不自由なく
食べることができるありがたさを、分かっていないので
はないかと思う。
 それを理解させるために、食べ物がどうやって作られ
るのかを調べ学習させたり、野菜を育てるなど食べ物を
最初から作るという体験学習を行ったりして、実践して
いきたいと思う。ただ、食べ物を粗末にしてはいけない
と教えるだけでは何も実感できないと思う。だから、自
分で調べたり、実際に作ってみたるすることで、その苦
労を実感させたい。そうすれば、食べ物を粗末になどし
なくなるのではないかと考える。
 このように、自分達の食生活を見直した上で、同じ地
球上には、飢えや貧困で死んでいく子どもたちがいるこ
とを、視聴覚資料を有効に活用して伝えていきたい。そ
の上で、少しづつ環境問題にも目を向けさせ、これから
の環境について考えさせていきたいと思う。

論作文道場へ  論作文コメントへ  トップページへ  i-modeトップへ

浩の教室・トップページへ