完全学校週5日制下における、『生きる力』を育む提案を具体的に述べよ。

みかりんさんの投稿

 「生きる力」とは、知・徳・体を総合的に育てること
により身についていく。知とは、確かな学力を養うこと、
徳とは、豊かな人間性を培うこと、体とは、健康な体を
育て、きちんとした生活習慣を身に付けることである。
「生きる力」育むために、私は次のような取り組みをし
ていく。
 第一に、確かな学力を養う取り組みとして、小さな成
功体験の積み重ねで、達成感や充実感を味わわせ、学ぶ
意欲を高めていく。私は教師として、賞賛や励ましの言
葉かけをたくさん行うようにし、児童が自信を持てるよ
うにしていく。また、朝の会の前に読書タイムの時間を
設け、読書する習慣を身につける。読書は、読解力も高
められるし、集中力も高められる。また、感動体験を味
わうことができ、その感動を友達と共有することもでき
る。
 第二に、豊かな人間性を培う取り組みとして、相手の
立場に立って物事を考え、その痛みを理解できるように
していく。相手の立場に立つことができても、自分の痛
みを理解できていないと、相手の痛みを自分の痛みとし
置き換えて理解できない。だから、まずは自分を知り、
自分を好きになれるようにしていく。子ども同士でお互
いの良い所を探し合えば、自分について知ることができ
る。その長所を教師としての私が、褒めてあげれば、自
分を好きになれると考える。
 第三に、健康な体を育て、きちんとした生活習慣を身
につける取り組みとして、親子で協力して調理実習を行
うなどして、食習慣を整えていく。自分で作った物なら
嫌いな物でも食べるだろうし、食べ物のありがたさが分
かり、物を粗末にしない心も育つのではないかと考える。
また、学級通信を通して朝食を食べることや、早寝早起
きの習慣をつけるよう呼びかけていく。
 これらを実践する上で、見本となるよう、私自身が知・
徳・体の三つを兼ね備えられるように、日々精進する決
意である。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ   i-modeトップへ

ケタ、ホカオシシ。ヲ・ネ・テ・ラ・レ。シ・ク、リ