私の目指す教師像

みんみんさんの投稿

 「子どもに寄り添い、共に歩く教師」これが、以前の
私の理想の教師像でした。しかし、先日カンボジアを訪
れ、私のそれは大きく変わりました。カンボジアで出会っ
た孤児院経営者の話し、そして物乞いをする人々の姿が、
私の教育観に影響したからです。
 私が訪れた孤児院は、日本人が経営するものでした。
孤児院には、両親のいない子ども、性的虐待を受けた子
ども、栄養失調だった子どもなど、23名が共同生活をし
ています。そのような孤児院を管理するとき、私だった
ら「たくさんの愛情を注いでやりたい」と考えることで
しょう。掃除洗濯などの家事を共に行い、子どもがどん
なことを考えているのか気にかけることでしょう。
 しかし、その孤児院の経営者は、私と正反対の考えを
持つ人でした。管理者として、子どもとの距離を保ち、
情に流されることなく、冷静に子どもをみつめる人でし
た。また、「子どもが何を考えているのかを知る必要は
ない」とおっしゃっていました。私の信念と食い違うこ
のコメントに、私は戸惑いました。なぜ子どもに寄り添
い、話しを聞いてやらないのか。少々冷たくはないだろ
うか。
 話を更に聞き進めるうちに、彼女の教育観がみえてき
ました。彼女は母親ではなく経営者として、子どもの将
来を考えていました。自分の限界と向き合い、長期的・
客観的な視野を持つことを心がけていました。
 「長期的・客観的」という言葉は、私の心に深く響き
ました。今までの私は目先の問題や状況を解決しようと
することのみにとらわれていたことに気がつきました。
何事も、目先の問題だけでは、解決とはいえません。今
後大きく成長する子どもにとって、どのような支援をす
ることが適切なのかを判断をするためには、距離を置き、
全体を見渡さなければなりません。児童理解を図ること
はもちろん大切ですが、それだけではいけないこと、長
期的・客観的視野を持って子どもと接する必要があるこ
とを、私は改めて考えることができました。
 子どもと遊ぶことが好きな私は、つい友達のように接
してしまいます。そのため、子どもの将来を考え、その
うえで適切な判断をすることが、私の足りないものであ
り、理想の教師像だといえます。孤児院という厳しい環
境だからこそ、大切にされているこの信念は、教育現場
全体にいえる基本原理であり、全ての教師が持ち続ける
べきものだといえます。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室