私の目指す教師像

マツさんの投稿

 「教育は人なり」と言われるように教育する人間の存
在は大きく、教育する人の資質によって影響を受ける。
学校でも担任が変われば学級の雰囲気が変わり、私自身
一人の教師に影響を受けたためこの教師という職業を志
した。私が教師を志すきっかけとなったI先生は生徒と
の距離が近く、生徒をよく見ている先生で、私もI先生
のように生徒に近い存在でありたいと考えている。それ
とともに次のような教師になることを私の信条とする。
 第一に学ぶ楽しさを教える教師であること。私は数学
が苦手であったが中学の時の先生の授業が丁寧でその授
業で問題が解けた時の嬉しさを味わってから数学に対す
る苦手意識がなくなった。したがって受験や試験のため
に学ぶのではなく、生徒が学ぶ楽しさを味わい、自ら進
んで学ぶようになるような授業を作っていきたい。その
ために私が国語という教科を好きで、知識を増やし、研
修に参加したり常に学び続ける姿勢を保つ。
 第二にたくましい教師であること。毎日多くの生徒と
接し、様々な発見や問題が生じることがある。しかしそ
んな時も誠実な心と正義感をもって生徒と向き合い、生
徒をありのまま受け入れ、包み込むような包容力をもっ
た教師でありたい。そして生徒とのコミュニケーション
を欠かさず人間としての豊かさや強さ、温かさを伝えて
いく。
 以上のことを私が目指す教師像とするが、これを実現
していくために私自身が広い視野を持ち、チャレンジ精
神をもって自分を磨いていきたい。教師という存在が生
徒にとって手本となるため、自分自身を高め、生徒のた
めに努力を怠らない教師でありたい。

論作文道場へ  論作文コメントへ  トップページへ   i-modeトップページへ

浩の教室・トップページへ