学校、家庭、地域社会の連携をいっそう深めることが求められている。これについてあなたの考えを述べ、またどのように実践するか、具体的に述べよ。

のぞみさんの投稿へのコメント

 「教育」を学校のみの営みと考えず、家庭や地域と協
⇒書き出しに唐突さを感じますので、穏やかな表現を工夫しましょう。「教育の主たる営みは学校が行なうものであろう。しかし、今後の日本は多様な人びとが多面的に子どもに携わり、教育の営みを共有していってこそ実り豊かになるのではなかろうか。なぜなら〜」でどうでしょう。
力して、様々な人が子どもの教育に携わる必要がある。
なぜなら、子どもたちに関わるということは、社会の未
来を創ることだからである。
 ここで、私が通っていたアメリカの小学校のシステム
を紹介したい。私の母のように、仕事がなく時間に余裕
               ⇒ここは表現難しいですね。「無職」と捉えられてもいけないし、「専業主婦」と読まれるのもちょっとちがうかもしれませんし。もし、専業主婦なら、そう書いてもいいかもしれません。無難なのは、「仕事を持っておらず時間に」云々でしょうか。あるいはもう「仕事がなく」はカットしてもいいかもしれませんね。
のある保護者は、職員室を訪れ、「何かお手伝いしましょ
うか」と私の担任に尋ねる。すると、プリントの採点等
    ⇒ここは尋ねる相手は決まっていますから削りましょう。しかも保護者はそれぞれの我が子の「担任」から渡されると思うのです。
仕事依頼をもらい、「保護者の部屋」という会議室に行く
                        ⇒「会議室に通されるのである」でもいいでしょう。
のである。そこには、母のような保護者が何人かおり集まっていて
おしゃべりをしながら作業をすることができる。お茶や
⇒ここは「おしゃべりをしながら」は事実でしょうけれども、「楽しみながら」の方がいいんじゃないでしょうか。
お菓子も用意されていたようだ様子である。このシステムは、保護
者が子どもの授業内容や学校の様子を覗くことができ、
                ⇒「うかがうことができ」としましょう。
また、保護者同士の親睦も深めることができる。私の母
のように、日本人で、地域の人と交流の場がもてなかっ
た人にとって、これは大変ありがたいシステムであった。
⇒「地域の人びとと交流の場を余り作れなかったケースでは、大変〜」としましょうか。
共働きで忙しい親でも、月に一度はこの「保護者の部屋」
に顔を出すという。アメリカ人の、子どもの教育に関わ
ろうとする姿勢が感じられる。
 私は、学校と家庭の連携を深め、地域交流にもつなが
るこのシステムを、是非日本の学校に取り入れたいと考
えている。家庭や地域の人に、教育に関心を持ってもら
うためには、まず、活動に関わってもらう必要があるか
らである。その他に、私は、地域の人に運動会の種目に
参加してもらう、総合的な学習の時間の学習に協力して
もらう、児童が地域の人とゴミ拾いをするなどの活動を
実践する。なぜなら、地域の人が学校に関りやすく、ま
⇒ここは、「その他に、私は、地域の人に運動会の種目に参加してもらうこと、総合的な学習の時間の学習に協力してもらうこと、児童が地域の人とゴミ拾いをすることなどの活動を実践する」として、体言にしてしまうか、「その他に、私は、地域の人に運動会の種目に参加してもらう、総合的な学習の時間の学習に協力してもらう、地域の人に児童のするゴミ拾いを手伝ってもらうなどの活動を実践する」と語尾表現を統一しましょう。読みやすさにつながります。
た、子どもが大人と話しやすい環境を作ることは、教師をめざす私
にしかできないことだからである。
⇒ここまでの段落で、「また」が何度も登場しています。ほかの表現や接続詞に頼らない方法も考えてみましょう。
 不審者が犯行しにくいのは、どのような環境か。それ
は、地域の人が子どもの顔を知っていて、交流のある環
境である。では、子どもが非行しにくいのは、どのよう
な環境か。それは、家庭や地域、学校の大勢人が子ども
の心配をする環境である。
⇒この段落は浮いていますね。内容的にいいものですから、上までの段落との内容的関わりに注意しながら書ければいいですね。たとえば、「子どもが大人と話しやすい環境を作ることは、教師をめざす私にしかできないことだからである。(段落)このような環境作りは防犯対策にも貢献する。というのは、不審者が犯行しにくいのはどのような環境か考えてみればわかるだろう。それは〜」とするといいでしょう。
 学校、家庭、地域の連携を図ることは、子どもの成長
に、そして地域の安全にも効果的だといえる。子どもた
ちが様々な人との交流を通して、豊かな人間関係を育む
ことができるよう、私自身が地域社会に出向き、交流の
架け橋となる。
⇒内容的に語るべき価値のあるものです。論作文としての完成度も高い。文中の注意事項を踏まえた次回作の投稿を期待しています。May 15,2005

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室・トップページへ