みかリンさんの投稿へのコメント

 国際社会において、児童生徒が様々な人々と協調し
生きていくことができるよう、私は、より一層国際理
解教育を推進していく。その一環として「世界一周旅
⇒この1行目、微妙に不自然な感じです。「学校教育では、国際社会において、児童生徒が様々な人々と協調し、生きていくことができるように、幼少の頃から国際理解がすすめられているが、私は、より一層これを推進していく」かな。
行」と題して様々な国々の文化や伝統について、自ら
調べたり見たり聞いたりすることにより、世界中には
文化の違う様々な人々がいることを知る。このように
⇒文章として正確だし、間違いではまったくないのですけれど、「様々な人々」が気になります。
して、自分の国の文化がすべてという固定観念を打破
し、偏見を持たせないようにしていく。そして、違い
を受け入れ認め合い、個性を尊重する心を育てていく。
具体的な取り組みを以下に示す。
 導入として、インドネシアのガムランやハワイのウ
クレレなどの民族楽器を見せて音を聴かせ、どこの国
の楽器か考えさせる。実際に楽器に触らせれさせ、興味を持
たせる。見たこともない楽器を演奏すれば、他の国の
民族音楽についても知りたいという意欲が持てると考
える。その後、グループごとに、自分たちで選んだ国
の文化や民族音楽、民族衣装について調べ、まとめ、
互いに発表し合う。
 また、地域に住む外国人の方に協力して頂き、一緒
に遊んだり会話を楽しむ。この時に、身振り手振りの
みで会話をするようにする。身振り手振りだけで相手
に伝えようとすれば、表現力も豊かになるし、コミュ
ニケーションは体全体を使って行うものだということ
が理解できる。相手が何を伝えようとしているのか、
相手の気持ちを考えることができるし、想像力も高め
られる。言葉が通じなくても、一生懸命伝えようとす
れば伝わるということも実感できる。
 以上のようにして、国際理解教育を進めていくが、
固定観念は幼少時から身についてしまうものなので、
低学年のうちに外国人と触れ合う機会を設けるように
する。肌の色や文化が違っても、同じ人には変わりは
ないことを自覚させ、違いを受け入れ、認め合い、差
別など絶対にしないよう指導していく。
⇒うーん、テーマは「旅」なんですけど…。なぜ国際理解になるのでしょうか。抽象題の「旅」は現実の旅行記を書いても意味がないし、「旅」という言葉からなにを連想して書くかが大切です。どうも、今回のみかリンさんの論作文は、「国際理解教育をすすめる方法論」に答えているようなものです。このテーマ「旅」は、ちょっと古いかもしれませんが、「自分探しの旅」を示唆しています。文章はマズイところはほとんどありません。June 9,2005

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室