学校、家庭、地域社会の連携をいっそう深めることが求められている。これについてあなたの考えを述べ、またどのように実践するか、具体的に述べよ。

ひよこさんの投稿へのコメント

 今、「こころの教育」「学力低下」「子育て」などが
大きな課題となっている。これらを解決するために、大
阪府知事は、学校・家庭・地域が連携し、365日みん
なで子どもたちを育てていこうという「大阪教育7日
制」を提示した。その実現のためには、これからの学校
⇒この「大阪教育7日制」を冒頭に持ってくるのはいい提示ですね。ただ、知事と書かなくてもいいかとは思います。
はもっと風通しが良くならなければならない。学校の教
⇒「その実現は、学校の風通しのよさにかかっているだろう」と書いてもいいでしょう。
育についての情報を保護者や地域に積極的に提供し、協
力を求めていくことが必要である。
 私は、学生時代に小学校で、まなびングサポートをし
                          ⇒「体験した」あるいは「経験した」かな。
ていた。その小学校では、地域の方が来ない日はないと
言っていいほど、毎日のように地域の方が講師として子
どもたちの前に立ち、自分の得意分野を子どもたちに教
          ⇒「自分の得意分野について子どもたちに一生懸命話していた」くらいにしましょうか。
えていた。地域の方の話を、子どもたちは目を輝かせて
聞いていた。その時の、子どもたちの笑顔と地域の方の
いきいきとした表情が印象深い。
⇒ここは、ひよこさんの「まなびングサポート」の実際を紹介した方がいいのではないでしょうか。この記述では、学校にいって子どもと一緒に話を聞いた感想として、感動を書いているだけになっています。
 昨年度、私は大阪府の家庭教育支援事業に携わり、小
学校で相談員をしていた。連携の大切さと難しさを
にしみて感じた1年間であった。その活動の中で、学校
だけではない、福祉課、保健師、保育士の方との連携は、
とても新鮮であった。ひとりの問題を抱える子どもとその家庭の支援に、
         ⇒ここは文章を変えましょう。「その期間、学校外組織としての福祉課の方々、保健師、保育士の方々との連携は、とても新鮮であった」。
様々な職種の人が集まり、情報をつなげることで、それ
までぼやけていたことが見えてくることがあった。今は、
  ⇒この「ぼやけていたこと」が明瞭になったということですが、その内容が書ければいうことないです。
家庭の教育力の低下も叫ばれている。子どもや保護者が
SOSを出した時、それを誰かひとりが丸抱えするのではな
く、その子どもや保護者に関わるすべての人が、チーム
となって支援する。その協力精神が、連携には大切であると考え
る。
 私はこれからも、子どもたちをたくさん多くの温かいまな
ざしで見守ることのできる教育環境づくりに力を注ぐ。
そのために、様々な立場や職種の人々との交流を大切に
し、人と人とのつながりの大切さやおもしろさを、子ど
もたちや保護者、地域の人々に伝えていきたい。
⇒三者連携の場面に関わった経験を下にうまくまとめられています。その参加意識には拍手をお送りしたい。文中の、「ぼやけていたこと」、これが気にかかります。ひよこさんの目の前が広がった感覚は理解できます。それを客観的に伝えられるようにすれば、この論作文はグッとよくなりますよ。July 12,2006

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室・トップページへ