私の目指す教師像

サクラさんの投稿

 私は、一人でも多くの子供たちが、楽しい学校生活を
過ごせるようにクラスを作っていきたい。そのようなク
ラスをつくりあげていくことができる先生を目指す。
クラスづくりをするために、私は2つのことが大切であ
ると考える。第1は子供たちどうしの関係が上手くいっ
ていることである。私が小学生のころ、仲良しの人がい
るだけで、学校は楽しかったものである。そのぐらい子
供たちどうしの関係は学校生活において大切である。子
供たちどうしが仲良くなれるようなきっかけづくりの場
を数多く提供することは先生の役割であると思う。私は
、学級活動などの時間を利用して、仲良くなるきっかけ
づくりの場をたくさん提供していく。
第二は、先生と子供たちとの関係が上手くいっていると
いうことである。先生と子供たちとの関係を築いていく
ためには、一緒に何らかの活動をする必要がある。私は
、学童保育で子供たちと関わる機会があった。子供たち
は、最初私を警戒していた様子であった。しかし、ドッ
チボールなどをして一緒に活動していくうちに、子供た
ちのほうから学校でのことや、家でのことを話してくれ
るようになった。このように、一緒に活動をしてお互い
を知っていかないと、信頼関係を築いていくことができ
ない。信頼関係を築いていくために、私は、以下のこと
を実践していく。第一に、出席をとる際に、ただ返事を
させるだけではなく、会話をすることで、毎日全員の子
供たちと少しでもコミニュケーションすることを心がけ
る。第二に、休み時間や給食の時間などを利用し、でき
るだけ子供たちと積極的に関わる。第三に、日記を実施
することで、いいづらいことも言える環境を整える。
以上述べたような方法で、クラス全体に信頼関係を育み
、子供たちが、クラスでよかったと思ってもらえるよう
なクラスをつくりあげていくことが、私の目指す教師像
である。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室・トップページへ