私の目指す教師像

こうたろうさんの投稿

 私が考える理想の教師とは子ども達の良いところを発
見する術を持つ教師である。現在LDADHDを含む、
障害を持つ子ども達、勉強が苦手な子ども達が増えてい
る。だからこそ私はすべての子どもに対して自己肯定感、
自尊感情を高めるきっかけを与えたい。すなわち学習指
導、それ以外のあらゆる場面においてもその子の良いと
ころを発見し、ほめる事で彼らに自分の持つ可能性を発
見する機会を提供する教師である。
 私は教師として、学習指導においては互いの苦手な面
を子ども達が教え合う活動を推進したい。塾講師の経験
において子ども達にプリント、小テストを与える上でも
子ども達がそれに取り組もうという意識を持てるように、
視覚的には子ども達それぞれが興味を持てるキャラクター
をデザインに活かす。また子ども達の習熟度に合わせた
レベルの小テストを作成し、彼らに出来る喜びを提供し
たい。また自分自身の事を知る機会をポートフォリオを
使用し、自分での小さな成長への気付きを朝の時間で子
ども達一人ひとりに一分間スピーチをさせる事で自分の
可能性に対して自信を持つ機会を提供したい。担任とし
て一ヶ月に一回はすべての子ども達の小さな成長を見逃
さず、ほめる事を続けて行きたい。
 また日ごろから、子ども達に様々な仕事について説明
する事で、子ども達が自分の進路を考えるきっかけを提
供する事で、自分の持つ可能性を信じる事や目標の為に
がんばれるエネルギーを育みたい。
 また教師として、子ども達が好きな事を見つけ、課題
を乗り越えるのを失敗した時に一緒になって悲しみ、そ
して力いっぱい励まし乗り越えた時には共に喜び合いた
い。子ども達に何度も失敗しても諦めないでがんばる事、
その為には自分の可能性を信じる事が重要である事を伝
えていく。
 以上が教師としての私の決意である。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ   i-modeトップへ

浩の教室・トップページへ