『総合的な学習の時間』であなたは児童(生徒)にどのような力を付けさせたいか、具体的に述べよ。

じゃいぽんさんの投稿

 『総合的な学習の時間』における学習活動については、
各教科などの学習活動において教師は指導にさまざまな
工夫をこらし活動を展開することが重要になってくるが、
この時間は生徒の自主性に任せ、教師はこの活動に必要
な知識を兼ね備え助言をしていくべきだと思う。そこで
この時間では生徒に主体性を身につけさせたいと思う。
 主体性とは、自分の考えや立場をきちんと持ち、他か
ら影響されずに思考し行動できる性質という意味である
が、各教科の学習時間においてはどうしても各個人の知
識の量は限りがあり、そのため教師が自分の持つ知識を
伝達するという形態がとられている。その後に自分の興
味を持ったものや、さらに深く学びたいものについては、
選択教科により発展的な学習がなされている。『総合的
な学習の時間』においては、そのような各教科、道徳、
特別活動を連携させ横断的、総合的な指導が有効とされ
ている。そこで重要視されているのが自ら課題を見つけ
積極的に自分で考えながら活動をしていくということで
ある。生徒は同じ学習活動をしていながらも興味・関心
を持つところは人ぞれぞれである。しかしそのこと対し、
自らの考えを持って行動していくというのは、簡単な生
徒もいれば苦労を要する生徒もいるだろう。実際私もこ
の時期に特に興味を持ち探求し続けた事柄は学校生活に
おいてなかった気がする。しかし『生きる力を』身につ
けるという課題からも、主体性を持つことができること
で自己解決力が育成される点で身につけていきたい力で
あると思う。
 『総合的な学習の時間』の活動は、広範囲において活
動することができるとともに生徒たちの個性を発揮でき
る良い時間であると思う。そして主体性を身につけるた
めのきっかけを作るのが、教師の支援でもあり、私も生
徒と一緒にこの時間を有意義なものにしていきたいと思
う。

論作文道場へ  論作文コメントへ  トップページへ  i-modeトップへ

浩の教室・トップページへ