私の目指す教師像

タカシさんの投稿

 私が教師になりたいと考えた一番の要因は、自ら感じ
た学ぶことの面白さを生徒に伝えたいからです。ですの
で私はこのことを達成するためにいつも考えていること
が二つあります。それは生徒を中心にして物事を考える
こと。もう一つは自分自身たえず勉強することです。
 前者は、私がはじめて講師として勤務した中学校の校
長先生に言われたことなのですが、「先生の考えている
ことは正しいのかもしれないが、その生徒に対しては間
違っているのかもしれないのでよく生徒のことを考えな
さい。」といわれました。私ははじめ軽く聞き流してし
まいましたが、あとでその意味をよく考え校長先生は私
に何を伝えたかったのか考えました。そして私なりにそ
の意味の答えを出し現在もそうだと考えています。私の
考えは生徒に対して間違っている考えはその他のところ
で通用しても教師としての考え方ではないというのもで
す。ですから私は担当している生徒は常に観察し、その
生徒に一番良い指導が出来るように心がけています。
 後者のたえず勉強するというのは、最初に述べた学ぶ
ことの面白さを常に自分で感じているということです。
私の体験を生徒に話してもその話が何年も前のことでは
その話は色あせたものになってしまいます。しかし常に
面白さを感じるように努力していれば、その話は新鮮で
生徒に与える影響や説得力も違うのではないかと考えて
いるからです。それに勉強していると今までの指導方法
だけでなく他方向からの指導が可能になり生徒もよく理
解できるのではないかと考えるからです。
 以上二つのことを私が目指す教師像の核としてやって
いきたいと考えています。そしてもっと良い考え方やア
ドバイスを受けたら素直に受け止め自分の考えを修正し
よりよい教師を目指し努力していきます。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ

浩の教室