21世紀の教育について

りんごさんの投稿

副題:生徒が生涯自ら学び考え続け、それを習慣づけるための私の実践

 近年、国際化や情報化に対応するために、我々は英語
やコンピュータなどについて学び考える必要性がでてき
た。21世紀の社会を生きていく生徒は、今後の社会の激
しい変化に対応するために、学校卒業後も生涯を通して、
新しいことを自ら学び自ら考え続ける力を身につけなけ
ればならない。そのために私は教師として次のことに取
り組む。
 @生徒が生涯学習者とともに主体的活動に取り組む授
業を行う。例えば、大学などと連携し、英語の公開講座
を受講している社会人と生徒合同の英語の授業を行う。
生徒と社会人混合グループで、授業で扱う英語長文の内
容に関するテーマを選び、共に調べまとめて発表する。
苦労して調べることで新たに知識を深められ、生徒が社
会人と共に自ら学び考えることができる。また、生徒に
社会人の方々の受講理由を聞いてもらう。これは私が英
会話学校で体験したことである。自分より年上の人に、
仕事や興味により英語を学んでいる話を聞き、社会が変
わり続け、学校卒業後も学び続ける必要性を実感した。
このようにして、生徒の生涯自ら学び考える力を高める。
 A生徒が社会の変化に応じて自ら学び考えることを習
慣づける学級づくりをする。具体的には、最新のニュー
スから生徒が学び考えたことを載せる毎週発行の学級新
聞づくりをして、さらに友達の記事からも学べるように
する。教室に投稿箱をおき、生徒に週に一回は投稿して
もらう。私も体験していることだが、ニュースには社会
の変化を示す言葉や話が取り入れられていて新しいこと
を学び考えることができる。こうして、生徒が自ら学び
考えることを習慣づけられるようにする。
 こうして、21世紀を生きる生徒が自ら学び考える力を
身につけ、生涯学習力を高めていく。そして、教師であ
る自分も社会人として学習し続ける姿を生徒が見て刺激
を受けられるように、これからも英会話学校に通ったり
して自分の英語力を高め、教育に関する公演や研修など
に積極的に参加していく努力をする。

論作文道場へ  論作文コメントへ  トップページへ

浩の教室