21世紀の教育について

亮さんの投稿

 私は「21世紀の教育」は、学校・家庭・地域社会など、
子どもをとりまくすべての環境が担うべきものであると
考える。それは、第15期中教審答申「21世紀を展望した
我が国の教育のあり方について」で示された『学校・家
庭・地域社会の役割と連携の在り方』を実現することで
もあると思う。
 20世紀の教育のほとんどを請け負ってきたともいえる
学校は、21世紀も教育の最重要機関には変わりないだろ
う。答申や新学習指導要領をふまえると、21世紀の学校
には、教育の中心的機関として、家庭及び地域社会など
に、教育に対する理解と協力を求める責任があるといえ
る。
 第15期中教審答申では「これからの学校教育のあり方」
として、生徒には「自ら学び、自ら考える力を養う」と
ある。このことは、21世紀の教員には生徒のモチベーショ
ンを高めるための知識・技術が求められるということだ
と考えられる。さらに、21世紀の教員には、学校が地域
社会の教育の中心機関となるためにリーダーシップを発
揮する必要があるだろう。
 そして、私はひとりの教育者として21世紀の教育が、
学校・家庭・地域社会全体で担われるために、まず目の
前の生徒の意識を変えていきたい。生徒には、あらゆる
職業が誰かのためになっているのと同じように、すべて
の人間が誰かのためになっていることを伝えたい。また、
一人ひとりが世代と世代をつなげるかけがえのない存在
であることも伝えたい。私はこの前提のうえに生徒の個
性をのばしたい。私は21世紀を完成させるであろう生徒
に、自分自身の社会的な意義を気づかせることが、21世
紀の教育を学校・家庭・地域社会全体で担うことにつな
がると考えている。このためには、私自身が同時代の横
のつながりと、世代をつなぐ縦のつながりを強固なもの
とするために日々精進しなくてはならないだろう。

論作文道場へ  論作文コメントへ  トップページへ

浩の教室・トップページへ