学校週5日制と学力低下について。

りんごさんの投稿へのコメント

副題:生徒の基礎力と応用力を身につけられるようにするための私の実践

 完全学校週5日制により、土曜日が完全に休日になり、
授業時数も削減された。それにより、生徒が学校で授業
を受ける時間数が少なくなるため、生徒の学力低下が懸
念されている。これを防ぐために、私は教師として、基
礎・基本を厳選したゆとりある英語の授業の中で次のよ
⇒「基礎・基本を厳選したゆとりある英語の授業」というのは、一見わかったようで、わかりにくい表現です。「基礎基本に厳選した」ならわかりますが、それだと応用力に言及した下の内容に合致しません。また、「ゆとりある」の具体的中身がはっきりしません。
うに取り組む。
 第一に、生徒が基礎・基本を確実に身につけられるよ
うにする。机間指導を頻繁に行い、理解が不十分な生徒
に個別に説明をして、生徒の理解を助ける。また、繰り
返し指導を行う。具体的には、新出事項を教える際に、
それと結び付けて既習事項を取り上げる。これは、私が
教育実習で行ったことである。過去形を学ぶ会話文に既
習事項の現在形を取り入れ、昔と今の自分の変化を話す
英会話を行った。これにより、現在形を忘れていた生徒
が私に質問し思い出しながら会話をしていた。こうして、
生徒が前に習ったことを繰り返し思い出し基礎・基本を
確実に定着できるようにする。
⇒素朴な疑問ですが、現在形が理解できない、あるいは「忘れていた」生徒はいるのでしょうか。
 第二に、生徒が応用力を身につけられるようにする。
具体的には、生徒同士で既習事項を使った英会話スキッ
トをグループごとに作る。生徒が習った文法や単語を組
み合わせ会話劇を作ることで、基礎・基本を自分なり
         ⇒「実演し」でしょうか。
にどう使っていくかという表現力身につける。また、生
徒が教科書の英語長文のテーマに関して、課題を見つけ、
本やインターネットで調べる活動を行う。これは留学を
したときに私が体験したことである。苦労して様々な資
料を集め読んでまとめることを通して、知識が深まり考
える力が身についた。こうして、生徒の思考力や問題解
決力を高める。
 このように、生徒が基礎力を定着し、それを生かして
応用力を身につけられるようにする。そして私は、ゆと
りをもって生徒全員の基礎力を育めるように、授業をよ
く計画し厳選した内容を教え、生徒が無理なく応用力を
育めるように努力する決意である。
⇒「学校五日制と学力低下」がテーマですので、上のように素晴らしい授業実践を書いたとしても、自治体の採点官の見方はわかりませんが、ワタクシの評価は低いものになります。テーマには、「今度から土曜日も休みになるよ。授業時数が減るし、家庭も心配してる。あの先生は土曜日をどのように活用するんかな。あおりを食って圧縮された授業をどのように展開するのかな」ということが隠されているといえます。その点を論じないと、課題を満たしていないと判断されるのではないでしょうか。英会話劇を土曜日の特別な活動にし、地域の人びとも招いて実践するなど、保護者を巻き込んで休暇を活かす活かし方を提案すべきでしょう。りんごさんの副題は、「あおりを食って圧縮された授業」の効果的な指導の仕方を論じています。そのことを第一段落に明示すれば、ぐっと違ってくると思います。文章表現はいいです。

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ

浩の教室