私の目指す教師像

やまさんの投稿

 学校は、教師と生徒の両方がいてはじめて成り立つの
であり、教師として教科指導と学校生活の中で、生徒の
人格形成の援助をしていきたいと考えている。
 体育の授業では、運動ができるできないがはっきり出
てしまうことがある。少しでも運動ができるようになり
授業に積極的に参加できるようにするには、生徒が自分
たちで考え、活動する時間を設けてやることが必要であ
る。このとき生徒にとって大切なのは、失敗を恐れずに
挑戦することであり、教師にとって大切なのは、技術的
な指導はもちろんであるが、生徒の可能性を信じて励ま
すことである。私は中学生のとき、鉄棒のけ上がりがで
きなかったが、先生が「いいぞ、あと少しだ」と励まし
て下さった。友人は、何度も見本を見せてくれたり、コ
ツを教えてくれた。そして三回目の授業で完全にできる
ようになった。この経験から、教師の力は偉大であるが、
それ以上の力が必要となったときには、生徒の力が多大
な影響をおよぼすということを感じたのである。
 生徒は教師をよく見ている。教師の姿勢がそのまま生
徒に映し出されるともいわれるので、厳しさの中にも愛
情を持ち、毅然とした態度で生徒に接しなければならな
いのである。生徒と同じ目線で考えることも必要なとき
もあるかもしれないが、そうすることによって分かった
ことを教師の目線に戻して判断し指導することも大切で
ある。ただ、教師と生徒は「人と人」という関係でもあ
るので、授業以外の場面では、お互い興味のあることや
趣味などについて話すことで、違った教師の姿を見せる
ことができるのである。高校のときの担任が、私と同じ
歌手が好きでファンクラブにも入っていると聞いてとて
も驚いたけど、先生との距離が近づいたと思ったのも確
かである。
 教師は、生徒の人間的成長、人格形成に大きな影響力
を持っている。自己修養にはげみ、現状に満足せず生徒
とともに成長していくことが大切なのであると考える。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ

浩の教室