21世紀の教育について

泰輔さんの投稿

 21世紀は、携帯電話やコンピュータの普及の速さに現
れているように、変化の激しい時代である。中教審答申
にもあるように、このような時代だからこそ「生きる力」
を持った人間の育成が求められている。
 私は中学2年の時、病院で高齢者の介護体験をした。
病院に行くまでは、高齢者の方々と将棋でもして終わる
だろうと気楽な気持ちでいた。しかし、我々の面倒を見
てくれた看護師の考えは違っていた。まずはじめに我々
1人ひとりを1人の看護師として扱うと言ったのである。
いろいろな作業を行う中、緩慢な動きをしている生徒は、
この看護師から叱責されることもあった。わたしは、こ
の体験を通して、社会の厳しさと仕事をやり遂げた充実
感を味わうことができた。
 社会体験活動は、「生きる力」を育む上で重要な要素
になる。私は民間企業に就職した時、この介護体験があっ
たため、企業の厳しさが苦にならなかった。また、多く
の看護師の働く姿を間近で見ることによって、自分の将
来を考えるきっかけにもなった。したがって、総合的な
学習の時間などを活用し、介護体験などの社会体験活動
を積極的に取り入れていく。
 しかし、「生きる力」を育むのに、社会体験活動だけ
させれば良いのだろうか。私は、授業の中でも「生きる
力」を育んでいく。例えば、自分の意見をまとめさせ発
表をさせることである。社会人になった時、自分の意見
を小さな声でボソボソとしか発言できないようでは生き
ていけない。大きな声でしっかりと自分の意見が言える
よう生徒に発表を行う場を多くもうけてやる。
 21世紀の教育の根本は、生徒の将来に対する希望にあ
ると考えている。私は介護体験の時、看護師の厳しさと
優しさを兼ね備えた姿に感動し、大人への憧れを抱いた。
私自身、1人の大人として、生徒が将来に希望が抱ける
教師になるため、日々修養に励んで行く所存である。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ

浩の教室