21世紀の教育について

世界史オタクさんの投稿へのコメント

 私は生徒の学ぼうとする意欲を育てる教育を目指す。
技術革新による変化の激しい21世紀の社会のおいて、これまでの
知識注入型の一斉授業から、未来を主体的に生きる力の
育成が求められている。今日、目的意識に欠け、無気力
な若者が増加している。車で表現すると、生きる力は車
⇒この1行は不必要でしょう。
体であり、意欲はエンジンにあたる。私は動力源を強化
する授業を以下のようにして実践する。
⇒斬新な書き方ですね。「生きる力は車体」、「意欲はエンジン」というのは目を引きます。ワタクシは生きる力も意欲もエンジンだと思うのですが。車体がなんであるのか、見当がつきません。しいていえば学習活動を続けていける健康な体力でしょうか。
 生徒の興味、関心を高めるために、実物教材を教室に
持ち込む。このように考える理由は、私の高校時代の経験根差している
。世界史の教師がエジプトで利用されたパピルスを授
業時間に見せてくれた。触った時の感動は、古代の文化
を感じることが出来できた喜びであった。興味が湧いた私は、
⇒「〜授業時間に見せてくれ、触らせてくれた。その感動は、古代の文化に直接触れた喜びであった」としましょうか。それにしてもホンモノのパピルスを持っていらっしゃるとは驚きです(レプリカかな)。
いつもカバンの中にあるだけのしまいこんでいる教科書を読んだ。歴史は、
⇒「歴史は」のところで段落の設定がほしいですね。下の「授業のなかで」の段落とセットにして再考してみましょう。
生徒からみれば、遠い過去や地域の出来事と考えられが
ちである。私はもの実物に触れさせることで、歴史を身近に
       ⇒せっかく「実物教材」と書いたのですから、これ以降も、「もの」ではなく、「実物」と表現を統一しましょう。
感じてほしいと考えているさせる授業を展開したい
 授業のなかでを通して、生徒がものに触れた時に感じる疑問を
大切にする。私は、課題が疑問から生まれると考える。
      ⇒「疑問を持つことが自分で調べようとする意欲につながり、自分なりの課題を発見する力を生むであろう」でどうでしょうか。
自分で課題を見つけて考えることにより、未来を主体的
に生きることが出来できる力を鍛えるための訓練をしたいの
である。例えば、古代貨幣には小さくて丸い穴があいて
いるものが多い。これは持ち歩く時に、ひもで何枚も通
すためにある。私が一方的に教えるのではなくて、生徒
⇒ここの古代貨幣の例示はなんのためにあるのかわかりずらいです。おそらく、硬貨に穴があいている根拠を考えさせようとの主旨でしょうが、わかるように書かないと、パンチが効きません。
自身の疑問から調べ学習に移りたいのである。このとき、
私はどのような資料を集めると良いかなどの助言をする。
理由は生徒に資料の取捨選択を体験させることで、情報
処理能力を育てるねらいがあるからである
 私は実物教材を集めるなかで、収集する努力を重ねる過程で、すでにもの実物を通した歴
史教育を実践している教師に出会い多くの助言を得るこ
とができた。生徒の学ぶ意欲に満ちた授業を実践するた
めに、こうした教師同士の交流を大切にし、どのようなものが
教材と成り得るかを考えていく。このことが21世紀の教育に寄与すると考えている。
⇒生きる力を具体的に教科教育を通してどのように育んでいくべきか考察しようとしており、好感が持てる論作文です。このように自己の感動やそこから学んだ実践を授業に反映させようとする姿勢を言葉にあらわすことができれば、説得力もあるし、世界史オタクさんの教育に賭ける気概が伝わってきます。枝葉の注意点を再考し、書きなおしてくださいね。全体の筋はこれでいいでしょう。Feb.21,2003

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ

浩の教室・トップページへ