21世紀の教育について

なるさんの投稿

 現在、特に若い世代において公私の場を問わず自己中
心的で思いやりにかける行動が目立つといわれている。
私はそのような観点から、教科内容はさることながら協
調性と他人に対する思いやりをもつ心を育てることが21
世紀に求められている教育であると考える。このような
人間性を養うために児童の自主性を生かした授業を行い、
児童に自分の考えを持ちながらも、他人の意見に耳を傾
ける態度を育てていきたい。
 たとえば、総合的な学習の時間に校外へ出たとする。
児童は木や虫など様々なものに興味を示し、疑問をもつ
だろう。ここで教師が児童の持つ疑問に答えてしまうと、
児童はその知識を得るにとどまってしまう。しかし、児
童が自らその答えを探すために努力するならば、その過
程において様々なことを得ることができる。それが木や
虫などの名前であれば図書館を利用することや利用する
ためにはルールがあることを知ることができる。また、
グループ活動であれば自分の意見を言うこと、他人の意
見を聞くことを覚えることができるであろう。ここでの
教師の役割は、児童が試行錯誤を続ける姿を見守り、時
には助言を与えながら、児童が主体性を生かせるように
することである。このような試みは、総合的な学習の時
間だけでなく、教育活動全体を通して行っていく。
 私は、自己の生き方に責任を持つものは他人を思いや
ることができると考える。自由と責任、個と公のバラン
スが欠如している若い世代は、自分自身のあり方が明確
にもてていないのではないだろうか。そこで私は、自分
自身に責任をもち、自己実現のための能力をもつ人間を
育てていきたい。それは、中教審答申にある自ら学び、
自ら考える力を育てることであると考える。そのために
は児童の探究心や発想力、想像力といったものを大切に
し、問題解決を行える能力を育てていくことが重要であ
ると考える。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ

浩の教室・トップページへ