いのち

かいかいさんの投稿へのコメント

 教師として私が生徒たちに一番伝えたいことはいのちの尊
さである。人はだれしも唯一無二の存在としてこの世に
生を受けている。繰り返すことのできない一度きりの人生を
生きている。勉強の苦しさも、クラブの悩みも、元気に
生きている証である。まず自分のいのちを大事にするこ
とを教えたい。
 自分のいのちの尊さが理解できる人間は、他人のいの
ちも重んじることができるだろう。自分と同じように、
⇒微妙にそうなのかなあ、と考えさせられます。
周りの一人一人ひとりもかけがのない存在なのである。またそれ
           ⇒「かけがい」は「掛買い」でまったくちがった意味になります。
ぞれのいのちは、お互い支えい、協力し合って成り立っ
             ⇒「合う」を漢字なら漢字で統一し表現しましょう。
ていることも忘れてはならない。
 目を世界に向ければ、けてみよう。戦争の火種はなくならない。世
界貿易センタービルのテロ事件のような悲しい出来事も
起きてしまった。身の回りだけではなく、世界中で起き
ている事柄にも関心を持ち、関係者の心中を思いやれる
人になって欲しい。平和な日本と違い、海外では多くの
いのちが紛争や貧困が招く飢餓、伝染病などにより失わ
れている。私は、いのちを学ぶにあたり、国際事情に詳しい英語科教員として、
いのちを学ぶにあたり、国際的な視野で物事を考えるこ
とができるように導いていきたい。教え子たちの中に、
将来海外青年協力隊に参加して、地球規模でいのちを救
う活動に従事するたいと思うような生徒が多数出てくること
    ⇒「活動に従事することを希望する生徒が〜」としましょうか。
が夢である。
 さらに、近年は中絶を経験する女子高校生が増加して
いると聞く。自分たちが次世代を担う新しいいのちを産
み出す存在でもあるのだという認識の欠如悲しい結果
招く。いのちの尊さを扱う中で、この点にも触れてお
⇒文意が通ってません。「を」が二つあります。
きたい。
 最後にいのちの有限性、いつか必ず終わりが来るとい
う避けられない事実を認識する時、一日一日を大切に精
一杯生きる生き方が見えてくると思うこよう。私も生徒ととも
              ⇒「と思う」は使わないほうがいいです。主張が弱くなります。
に全力で悔いのない人生を送りたいと思う
⇒かいかいさんは、いのちの尊さを自覚させるための具体的な提案として、2つの実践をしたいと書いていますね。国際的な視野からいのちの大切さを考えさせることと、新しいいのちを生み出す存在として女性の「生命観」を育むことですね。両者ともに是非指導して下さい。しかし、800字の論作文では、どちらかに絞って掘り下げるほうが重厚になります。「国際的な視野で物事を考え」、しかも、いのちを大切にする実践意欲を沸き立たせるような、かいかいさんの具体的な教育方法なり、教育内容なりを、もっと説明すればいいと思います。すなわち英語教員としてなにをすべきなのか、つっこんで論述してください。「中絶」の問題、つまり女性あるいは母性を基礎にいのちの尊重を説くのは、それだけでおおきなテーマになります。この文章では、舌足らずになっていて、「中絶」云々のところは字数的に「付け足し」のように読まれてしまうかもしれません。盛りこみ過ぎて中途半端な記述になるのを防ぎましょう。1500字なら、2つのトピックを述べてもいいですね。Feb.28,2003

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ

浩の教室