学校週5日制と学力低下について

miyazaki-mythosさんの投稿へのコメント

 ゆとりの中で学校・家庭・地域社会が連携し、様々な
体験活動からを実践し、ゆとりの中で生きる力を育むことが学校週5日制のねら
いだと考える。
 学校では、教育内容を学習指導要領の基礎・基本に厳
選し、できたゆとり(考えるゆとりや心のゆとり)で確
          ⇒本文では括弧を使わないようにしましょう。「できたゆとり」という表現は不安定ですので工夫しましょう。
かな学力を確実に定着させたい。学ぶことへのやる気や
⇒「学校では」ではじまる文章は、「教育内容を学習指導要領で定められた基礎・基本に厳選し」ということでしょうか。それとも、学習指導要領が教えるべき「最低基準」であるということを意識しての書き方でしょうか。
意欲、自分で考える力、表現する力、問題解決の能力な
どの確かな学力をしっかりと身に付けておかなければ、
生きる力を育むことが困難であるからだ。従って、つま
⇒「学ぶことへのやる気や意欲」は、「主体的な学習意欲」としましょうか。この文章の、「確かな学力をしっかりと身に付けておかなければ、生きる力を育むことが困難」という表現には、少し疑問があります。「生きる力」の中身が学習意欲であり、問題解決能力であり、表現力でしょう。それを「確かな学力」とみなして、「生きる力」の前提にする議論は不自然に感じます。「2002アピール・学びのすすめ」で、「確かな学力の向上」が語られますが、それは「生きる力」の言い換えに過ぎないとワタクシは捉えています。
ずきのあった生徒には、補充的な学習を行い、確かな学
力を定着させておくようにしたい。
⇒それにしても「確かな学力」とは一体なんなのでしょうか。ワタクシもわかったようで、わかりません。定義がはっきりしません。学習指導要領に述べられている学習内容をすべて身に付けるということでしょうか。
 家庭では、学ぶ習慣をしっかりと身に付けさせたい。
⇒家庭での「学ぶ習慣」は、それを身に付けるよう教員も指示する必要はあるでしょうけれども、テーマからずれている感があります。
例えば宅習の工夫である。密な学級通信等からを綿密に作成し、今どの
   ⇒「宅習」というのは、一般的な教育術語なのでしょうか。「自宅学習」と書いておいたほうがいいようです。
単元をどのように行って指導しているのかを家庭に紹介し、宅習
を充実させたい。その際、宅習をリレー形式にして1冊
のノートを班でまわすことにより、教師とだけでなく、
生徒間で、考え方や学んだことがわかるようなノートの
取り方や記録の仕方を、教えあう工夫を考えたい。
⇒この文章は、具体的にどのような意味かわかりません。どのような「工夫」なのか、しっかり整理し、書き直して下さい。「教師とだけでなく、生徒間で」というのは果たしてなにを計画されているのでしょうか。文章表現にも難があります。
 地域社会では、学校で培った確かな学力を生かし、生
活体験や社会体験、文化、スポーツ活動等、様々な活動
を通して、土・日曜日を有意義に過ごさせたい。地域に
⇒この文章も、微妙におかしいです。書いた後、読み直していますか。段落が変われば、主語をしっかり書いたほうがいいですよ。読みやすい文章を心掛けましょう。
は、異年齢集団実践できる体験や美しい自然などの豊かな人間性
を育める生きた教材がたくさんある多い。それらの生きた教
材を十分に利用し、観察・調査・研究などを行ったこと
を発表したり討論したりする場を設け、生徒一人一人ひとり
主体となった学習を推進していきたい。その際、地域の
行事や生徒の体験談などを、学級通信等を使って紹介し、
私自らも地域の中での生徒をできるだけ取材していく工
夫を行う。
⇒この段落における「体験」や「豊かな人間性を育める生きた教材」とは、具体的にはなんですか。「たくさんある」とだけ書いても、説得力がないです。下で「このように〜人的・物的教材を活用し」と書いても、わからないのです。
 このように学校・家庭・地域社会すべての人的・物的
教材を活用し、連携しあって、生徒の学力を伸ばしてい
く工夫を行いたい。
⇒この論作文では、「週5日制」のことが中心に議論されおり、「学力低下」については触れられていないように思います。休みが増えることを勉強時間の相対的減少とみなす保護者の不安が、「我が子の学力を低下させる」と叫ばせる根拠でしょう。こうした週5日制と学力低下との関連性を書くことが、この課題では暗に要求されています。ところで、論作文を書いた後、見直していますか、読み直していますか。何度も、何度も読み返し、完成度の高い論作文を本番でも論述して下さい。Mar.8,2003

論作文道場へ  もとの文章へ  トップページへ

浩の教室