足元からの環境教育

アメリさんの投稿

 現在私は、学生ボランティアサークルで、小学校の総合
学習の現場に赴き、出前授業を行う活動をしている。特に
これまで環境問題を扱う授業を多く行ってきた。この中で
私が実感したことは二つある。一つは、確かに環境問題は
地球規模の問題だが、そのまま地球レベルで説明しても子
どもたちに何の問題意識ももたらさないこと。二つ目はな
るべく体験活動を多く取り入れて、実感を通して学ぶこと
が大切であることだ。
 そこで私は、子どもたちが日々生活の中で出している「
ゴミ」を取り上げ、授業を実践していきたい。
 授業はまず、身の回りのゴミにどんなものがあるのかを
知ることから始める。一人何品か、家庭で出たゴミを持参
させる。それを教室で実際に分別するのである。分別基準
は「まだ使えそうなもの」と、「使えないもの」とする。
ここでまず、ゴミだと思っていたものの中にもまだ使える
ものがあるということを知る。
 次に「使えないもの」とされたゴミの処理について話し
合う。ここでリサイクルという案がでたら、そこからゴミ
のリサイクルについて調べていく。ゴミの分別は市町村に
よって基準が様々なので、自治体の出しているパンフレッ
トや資料を活用して調べる。調べた内容は、適宜ワークシ
ートにまとめさせる。また、リサイクルされたものが、身
近なノートやペンとして生まれ変わっていることも学ばせ
ていく。
 ただ、これだけではゴミはリサイクルすればよいという
結論になってしまう。そこで最初のゴミ分別を思い出させ、
ゴミとして出る量そのものを減らす工夫について考えさせ
る。そこから物をすぐ捨てたりせずに最後まで使うなど、
物を大切にする気持ちを持たせたい。
 子どもたちには教室で学ぶだけでなく、「ノートは最後
まで使う」などの目標を立てて実践していって欲しい。教
室での学びを、環境問題に取り組む出発点としたい。

論作文道場へ   論作文コメントへ   トップページへ

浩の教室・トップページへ